FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
豊橋総合動植物園 豊橋市自然史博物館 KGO君親子とおでかけ編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第166弾は、愛知県にある「豊橋総合動植物園」内施設
「豊橋市自然史博物館 KGO君親子とおでかけ編」となります
178-4.jpg
前回記事(クリックにて、前回記事へ)「豊橋総合動植物園」
「動物園エリア」
を観覧している最中の
KGO君(クリックにて、おでかけ仲間紹介記事へ)との世間話として
のりゅが、去年の夏、園内施設「豊橋市自然史博物館」へ来館
(クリックにて、前回来館回顧録へ)

オープンして、25年以上経過しているとは思えないくらい
綺麗な施設だったこと
大型恐竜の骨格標本が何体もあったこと
じっくりと展示を見てはいないけど、恐竜の時代の地球について
充実した展示だったことを伝えると
KGO君は「自分って、恐竜好きじゃん」との
前置きを述べた後
「ぜひ、行ってみたいねぇ~」との希望を伝えてきました



KGO君とは、高校入学して同じクラスとなり、仲良くなりました

昼休みは、いつも図書館の片隅へ集合するグループの一員として
読書、勉学に励む…わけではなく
くだらない雑談(オカルト、ラノベ、ゲームネタ等)をしていました

卒業、就職、お互いの結婚、こどもの誕生…
さまざまな人生のイベントを体験していく中も親交は続き
20年近くの月日が流れました
KGO君は、友人の枠を越え、親友と呼べる仲だと言えるでしょう



お互い奥さんに
知られるとまずい黒歴史を
共有している仲
でもあります

KGO君もだからこそ
「KGO君が、恐竜好き」という情報を
のりゅが把握していた前提で
来館の希望を伝えてきたのでしょうね

しかし、その情報は、初耳でしたので
適当に、相づちを打っていたのを
ここで告白しておきます

豊橋総合動植物園内施設
豊橋市自然史博物館
(公式HP内ページに飛びます)

浜松浜北IC付近からの距離 62キロ(片道)

高速料金 1260円(豊川ICで降りた場合)
※20115年6月現在

到着目安 1時間5分

駐車場 1650台 普通車200円 中・大型車 400円
※通常は17:00で閉門

所在地 豊橋市大岩町字大穴1-238

電話 0532-41-4747

営業時間  9:00~16:30(最終入場16:00)

定休日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
     12/29~1/1

入園料金(豊橋総合動植物園)
大人 600円 
小・中学生 100円 
未就学児は無料

※自然史博物館は、入園料さえ払えば無料で閲覧可能
※大型映像・特別企画展は別途、観覧料が必要


178-1.jpg
178-3.jpg
自然史博物館周辺には「野外恐竜ランド」という
実物大の恐竜模型が展示されている場所があり
178-2.jpg
幼児たちは、そこの恐竜を模した滑り台や
178-11.jpg
自然史博物館裏手の
複合遊具などで遊びたがりました(※実際遊びました)

自然史博物館より、こちらで遊びたい幼児たちの気持ちは
わかりますが、この後「遊園地エリア」にも行く予定であり
何度か一緒に、おでかけして抱っこを要求しているのを
見たことのないKGO君の娘は、ともかく
うちの次女(体重20キロ)は、時限式爆弾です

最近、多少は、導火線が長くなった気がしますが
爆発すると抱っこ要求魔になります
なんとか動物園エリアをNO抱っこで、乗り切ったのに
ここで、長時間遊び、歩ける体力を消耗してもらっては困りますね

「ここを見終わったら、遊園地へ行くから行くよ~」と
幼児たちを懐柔した後、自然史博物館内部へ移動しました
178-5.jpg
「イントロホール」から「古生代展示室」へ向かう通路
178-6.jpg
「古生代展示室」
それにまつわるクイズやゲームもありました(やってないけど)
178-7.jpg
「中生代展示室」
178-8.jpg
「エドモントサウルス展示室」

エドモンドサウルスは、他の骨格展示と違い
90%実物(化石)の展示だそうです
178-9.jpg
KGO君が、自然史博物館の展示を興味深そうに観覧する中
のりゅは、幼児たちに、協力してもらい
自然史博物館中央部分「自然史スクエア」
「ティラノサウルス」
178-10.jpg
「トリケラトプス」
恐竜の代表格とも呼べる2体の骨格展示の前で
ブログ掲載用、写真撮影をしたり
この恐竜の周りを使って、追いかけっこをしていた
幼児たちの姿をぼぉ~と眺めてました

それにしても、KGO君は
自分の娘を野放し状態…
一通りの展示を鑑賞していたことから
本当に、恐竜好きだったんだねぇ…と
20年近く親交があっても、知らなかった一面もあるものだと
しみじみ思いました

オカルト好き(心霊現象や都市伝説)
ラノベオタ(自分と同好の士)というKGO君の認識に
「恐竜好き」を加えておきますね☆

といったところで、今回の回顧録終了です

豊橋市自然史博物館、綺麗な館内に
充実した展示がいっぱいです(今回もマトモに見てませんけど)
豊橋総合動植物園の訪問した際、スルーするのは
もったいないと思える施設なので
ぜひ、来館してみて下さい☆
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.