FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
伊豆ぐらんぱる公園 のりものと太陽の広場編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第198弾は、静岡県伊東市にある
「伊豆ぐらんぱる公園」の「のりものと太陽の広場編」です
210-1.jpg
前回記事(クリックにて、前回記事へ)で、書いた通り
「伊豆ぐらんぱる公園」「風の丘」
「ジップライン ~風 KAZE~」「110メートルの滑り台」
遊んだ我が家族
209-4.jpg
(拡大表示可能)
続いて「のりものと太陽の広場」のエリアへ移動
このエリアのアトラクションを楽しむことにしました


伊豆ぐらんぱる公園(公式HPへ)

浜松浜北IC付近からの距離 176.5キロ(片道) 

到着時間目安 3時間

高速料金 3140円(長泉沼津ICで降りた場合)
       ※H27年7月現在
その他の有料道路を使用した場合、追加料金発生

駐車場 400台 1日1台500円
※20分以内は、無料

所在地  〒413-0231 静岡県伊東市富戸1090

電話 0557-51-1122

営業時間 9:00~17:00
11月~2月は、16:00

定休日 年中無休
※天候により休園となる場合があり

入場料金
大人(中学生以上) 1200円
小学生、70歳以上 600円
幼児(4歳以上) 400円
※公式HPに、入場料金の割引クーポンあり

伊豆ぐらんぱる公園の乗り物回数券
50枚綴り回数券(通常10000円分)8000円
※期間限定販売かもしれません

15枚綴り回数券(通常3000円分)2600円
10枚綴り回数券(通常2000円分)1800円

セット訪問候補
ケニーズハウス 伊豆高原本店(紹介記事へ)
立ち寄り温泉 伊豆高原の湯(紹介記事へ)
伊豆テディベア・ミュージアム(紹介記事へ)
※3つの訪問地とも車なら10分圏内です


210-1-1.jpg
ゴーカート
利用条件 1人乗りは、身長135cm以上
幼児は、保護者同伴が必要
3歳以下は、保護者の同伴があってもNGの場合あり
利用料金 1人乗り 400円(乗り物回数券2枚)
2人乗り 600円(乗り物回数券3枚)


「ゴーカートを乗りたい」との娘たちの要望から
次女は、嫁と
210-1-2.jpg
長女は、自分と乗ったわけですけれども
早速、問題が発生しました

伊豆ぐらんぱる公園の乗り物回数券
50枚綴り(通常10000円分)を8000円支払い
購入したわけですが
ゴーカートだけで、料金が1200円です
あっという間に無くなってしまいますよね
210-4.jpg
スカイサイクル
利用条件 身長100cm以上
幼児は、保護者同伴が必要
3才未満は利用不可
利用料金 1人乗り 400円(乗り物回数券2枚)
2人乗り 600円(乗り物回数券3枚)


今回の伊豆旅行、費用のほとんどを自分が負担し
伊豆ぐらんばる公園は、旅行訪問先の中でも
のりゅが、1番行きたかったスポットです
よって、乗り物回数券節約のため
嫁を同伴する保護者から除外
そして、娘たちに、自重してもらうこととしました

具台的には、上の写真、スカイサイクル
210-6.jpg
キッズコースター
利用条件 3才以上、身長110cm以下は、保護者同伴が必要
利用料金 1人 400円(乗り物回数券2枚)

210-6-1.jpg
低速で全く怖くないジェットコースターの
キッズコースターは、長女と自分のコンビにて楽しみ
210-2.jpg
おとぎ列車
利用条件 未就学児は、保護者同伴が必要
利用料金 1人乗り 400円(乗り物回数券2枚)
2人乗り 600円(乗り物回数券3枚)
※3才未満無料

210-2-1.jpg
おとぎ列車と
210-5.jpg
リバーアイランド
利用条件 3才未満無料
未就学児は、保護者同伴が必要
大人の2人乗り不可
利用料金 1人乗り 400円(乗り物回数券2枚)
2人乗り 600円(乗り物回数券3枚)


急流部分のないアトラクション
上写真のリバーアイランドは
210-5-1.jpg
次女と自分のコンビにて楽しみました

家族全員で、乗るからお金がかかるのです
自分は、保護者として常に同伴
娘たちは、交互に楽しむ
…という形なら
乗り物回数券節約になりますよね☆

娘たちからは、当然抗議の声が上がりましたが
のりゅが費用を負担しているのだからシャットアウト
コンビを組んでいない娘には
お金のかからないよう適当に遊んでいてもらいました

リバーアイランド搭乗時を例にしますと
210-5-2.jpg
中央部分に遊具があったので
210-5-3.jpg
ソコで、勝手に1人遊んでいてもらったってことですね

この節約案を提示した際、飽きれた顔の嫁に

嫁「もーいっそ
アンタ1人で乗ってきたら…」


なんて提案を受けましたが
嫁は、わかっていませんねぇ~
1人は、恥ずかしいからヤなのです
のりゅの繊細かつ
恥ずかしがり屋さんな
心の機微
がわからないなんて
「何年、のりゅの奥さんを
やっているんだー!?」
って
ツッコミたくなりました
210-7-0.jpg
おもしろ自転車
利用条件 小学生以上
幼児は、保護者同伴が必要
3才未満は利用不可
利用時間 20分間
利用料金 3才~未就学児 200円(乗り物回数券1枚)
小学生以上 400円(乗り物回数券2枚)

210-7-0-1.jpg
でも、まぁ、このアトラクション
おもしろ自転車をどちらか1人となると
さすがに、娘同士のケンカとなるので
長女、次女ともに遊ぶことを容認
210-7-2.jpg
長女 面白自転車
長女は、1人で遊べる変則自転車を好み
210-7-3.jpg
210-7-4.jpg
次女は、大型の変則自転車を好みましたゆえ
同伴者の自分は、次女とともに
約20分間、このアトラクションを興じました

水の中に飛び込んだんじゃないの?って思えるくらい
ティーシャツは、汗を吸収
汗だくになりながらも、次女に付き合っていたことに対して
「よくやるわね~」と嫁に、飽きれた感じで感心されましたが
のりゅは、自転車通勤をする程度には
自転車好きですし
伊豆ぐらんばる公園は
長年の訪問することを夢見ていたスポットです
その場所に来園したからには
悔いを残したくないとの思いから
全力で遊んでいました
210-7-5.jpg
6人乗りの変則自転車、実質漕いでいるのは
自分1人でしたが、頑張っちゃいました☆
210-8.jpg
トップスインガー
利用条件 3才未満は、利用不可
未就学児は、保護者同伴が必要
利用料金 1人乗り 400円(乗り物回数券2枚)


ブランコの要領で、漕いで遊ぶアトラクション
伊豆ぐらんぱる公園に来園したら、ぜひ体験してみたいと
考えていたアトラクションのひとつでもあります
210-9.jpg
次女は、怖がってやりたくないと主張したので
自分と長女のコンビでの体験となりました
210-10.jpg
しかし、その長女も高度が低いうちは良かったですが
210-11.jpg
この程度上がると「怖い、怖い」と主張してきたので
とりあえず座らせました
210-12.jpg
座っても、長女は「怖い、怖い」と言い続けていましたが
かまわず続行
210-13.jpg
見事、1回転することに成功しました☆

といったところで、今回の回顧録終了となります

伊豆ぐらんぱる公園、次回へ続きます☆
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.