FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202002
22世紀の丘公園(2015年9月末訪問)
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第238弾は、静岡県掛川市にある
「22世紀の丘公園(2015年9月末訪問)」となります
256-1.jpg
「掛川花鳥園(クリックにて、紹介記事へ)」を退園
まだまだ帰宅するには、早い時間ということで
同じ掛川市内にある
「22世紀の丘公園」へやってまいりました

22世紀の丘公園は、去年の11月にもへ来園
過去(クリックにて、紹介記事へ)
回顧録の記事としています
再訪した理由は、娘達を喜ぶから…
な~んて理由であるはずもなく
過去の記事が、不完全なモノだと
ずっと思っていたからであります

なぜなら、過去の記事は
公園のメインとなる巨大複合遊具
そこらの公園でお目にかかれない遊具
「※くるくるサイクリング」を紹介しているものの
(※のりゅが、勝手に名付けた名称です)
22世紀の丘公園、その他の遊具
シーソーやターザンロープといった細かなモノまで
紹介しきれていないのです

つまり、完全主義者がゆえの矜持
それが、自分を許してくれないと言いますか…
それに…
遊び場を求める者として
遊び場を紹介する者として
遊具を網羅することが使命!




…なんて大げさなことは、思いませんけれど
過去作成した回顧録の数々の中、のりゅが
仕上がりに納得していないモノは
「遊具の紹介しきれていないなぁ~」という記事ばかりです
「別にいいじゃん!」で割り切れれば簡単なのですが
何なんでしょう…?妙に気になるんですよね~
皆様もそういう、こだわりってありませんか?

ともあれ、そういった経緯から
22世紀の丘公園へ再訪いたしました

22世紀の丘公園(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 31キロ(片道)

到着目安 52分

高速料金 480円(森・掛川ICで降りた場合)
※2015年10月現在

所在地 〒436-0011 掛川市満水1652

電話 0537-24-2722

営業時間 ※9:00~21:00
(浴室、プールは10:00~21:00、最終入場20:30)
※たまりーなの営業時間です

定休日 火曜日(祝日の場合はその翌日)年末年始(12/28~1/4)
      館内定期点検日
     ※たまりーなの定休日

その他 浴室、プール、売店(おにぎり、パン、お菓子等)がある

セット訪問候補
つま恋 サウンドイルミネーション(紹介記事へ) 3キロ 10分
掛川花鳥園(クリックにて、紹介記事へ) 6.5キロ 18分


256-2.jpg
(上の画像は、拡大表示可能です)
22世紀の丘公園マップです
(遊びの里は、マップ赤枠部分)

公園の中心となる建物「たまりーな」から
北西と東に「遊びの里」という遊具のあるエリアが2箇所あり
最初に、たまりーな、東の遊びの里から向かいました
256-3.jpg
たまりーな、東の遊びの里
遊具のラインナップは、幼児向け複合遊具
256-4.jpg
256-5.jpg
複合遊具を囲む遊べる仕掛け付きの壁
256-6.jpg
ブランコ
幼児が安全に乗れるタイプのモノもありました
256-7.jpg
動物のオブジェ
256-8.jpg
スプリング遊具
256-9.jpg
シーソー
遠方の赤枠部分「※おでかけ仲間」のマー君がいました
(※クリックにて、おでかけ仲間紹介記事へ)
256-10.jpg
マー君乱入!!

のりゅが、娘達のシーソーで、遊ぶ姿を写していたら
マー君、突然の強襲でした
娘達が、シーソーを遊んでいるのを見て
思わず参加したくなったんですかね~?
帰宅後、このエピソードを
「マー君も子供っぽいよね~(笑)」
なんて言葉を交えつつ、嫁にしたところ

嫁「アンタに、言われたら
おしまいだよね」


辛辣な発言を受けました
しかし、のりゅは、
寿命尽きるまで「ピーター・パン」
信条としていますから
その程度のツッコミじゃあ傷つきませんよ☆
むしろ褒め言葉ですな
自分の信条を嫁に教えてやりました

嫁「アンタが『ピーターパン』なんて
『ティンカー・ベル』
キモがって近寄らないし
ネバーランドが崩壊するわね」




続いて、嫁に言われた辛辣な発言には
ちょっとだけ傷つきました…
256-11.jpg
そして、回顧録第77弾の記事でも紹介しました
そこらの公園では、お目にかかることができない
珍しい遊具「※くるくるサイクリング」です
(※再度申し上げますが、のりゅの勝手に付けた名称です)

この時の来園時
娘2人、どこぞのお嬢様の3人で漕いで遊んでいて
くるくるサイクリング、順番待ち人のお子様もおらず
1台空いておりました
よって、乱入→全力漕ぎのコンポ
かましてみたかったのですが
どこぞのお嬢様のお父様が見守っている状態で
そんなことをすれば、警察沙汰になりかねませんね
仕方ないと諦めました

のりゅのように、くるくるサイクリングを
全力で楽しみたい大人の方は
利用者の多い、22世紀の丘公園ではなく
浜松市中区の「和地山公園(クリックにて、紹介記事へ)」
訪問されることをオススメします☆

たまりーな東、遊びの里の遊具は以上です
続いて、たまりーな北西の遊びの里へ移動
256-12.jpg
たまりーな北西の遊びの里にある遊具は、ターザンロープ
256-14.jpg
256-15.jpg
22世紀の丘、メインとなる巨大複合遊具です
256-16.jpg
巨大複合遊具、対面から見て右端部分から
娘達は、攻略開始
256-17.jpg
赤枠部分に娘達がおります

むぅ…



娘どもに、見下ろされている状況
+娘達の楽しそうに遊ぶ光景
我慢なりませんね

256-18.jpg
すぐさま娘達を追いかけ、自分も滑り台をスライド
※初心を忘れない36歳です
(※22世紀の丘公園、新たな回顧録の作成することを
主な目的として、来園したとはいえ
「自分が遊ぶ」という初心
忘れてはいけませんよね☆)
256-30.jpg
巨大複合遊具、対面から左端、赤枠部分には
ネットエリア
上画像のようなネットのエリアがあり
その一角に
256-19.jpg
落とし穴ならぬ、落とし網がございます

過去(クリックにて、参照記事へ)、脳裡に閃いた
愛の試練を実際に、次女に課してみました

※5歳頃の長女は、ココに落とされ脱出できず
いい声で鳴いてくれました
パパの課した愛の試練を越えられませんでした
(※過去の訪問時より、さらに1年ほど前のお話です)
当時の長女と同じ年頃となった次女は
パパの課す愛の試練を越えられるでしょうか?
あの時のおねーちゃんを超えているのでしょうか?
題して…
「※Fall in ordeal of love」
(※日本語訳→愛の試練に落ちます)
256-20.jpg
あっさり脱出されました☆

まぁ、試練を課す前から
次女は、脱出できると思っておりました
なんせ、うちの次女は、通っている幼稚園の同学年で
男子、女子含めても1番背の高い子供ですしねぇ…
反対に、うちの長女は
今も昔も、同学年で1、2を争うおチビちゃんです
256-21.jpg
ネットのエリア、落とし網の下あたりには
鏡がいくつか設置されていています
そこに設置されている鏡は
ありのままの自分を映すモノではなく
自分の姿が大きく見えたり、小さく見えたりする鏡でした
長女がコレに夢中となりまして

長女「ねぇ、パパ、見て見て~
小さく映る鏡があるよ~」


なんてことを長女に言われまして

「いつもと同じじゃ~ん」
ニヤニヤしながら返答したところ
「そんなことない!」
長女は、烈火の如く怒りました

おチビちゃんでも、プライドは
でっかいのですよ☆


22世紀の丘公園、遊びの里の遊具は、以上となりますが
公園内の建物、たまりーなには
256-22.jpg
軽食、お菓子、飲料等を取り扱う売店もあり
256-23.jpg
屋内遊戯スペースの近くには
テーブル、イスが設置されております
付き添いに疲れた際には
子供を屋内で遊ばせて、親御さんは
目の届く場所で休憩することだってできちゃいます

といったところで、今回の回顧録終了です

22世紀の丘公園
興味をひかれましたら、ぜひ来園してみてね☆
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.