FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
東山動植物園(2016年1月訪問) モノレール・こども動物園編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第301弾は、愛知県名古屋市千種区にある
「東山動植物園」の
「モノレール・こども動物園編」です
こども動物園1
(上の画像は、「スカイビュートレイン」です)
「東山動植物園」「こども動物園」へ来園したのは
「遊園地」エリアで遊んだ後のことで15時半くらい
こども動物園※閉園まで30分程度しか余裕がなく
(※東山動植物園の閉園時間は、16:30
こども動物園の閉園時間は、16:00です)
遊園地で無邪気に遊び過ぎて
危うくブログネタを逃がすところでした
こども動物園2
(上の画像は、拡大表示可能です)
(遊園地→こども動物園は、赤枠~赤枠の距離)
遊園地で何気に、時間を確認したら
こども動物園の閉園時間まで「ヤバイ!」な状態
しかも、遊園地→こども動物園の移動は
東山動植物園の北端→南端までの距離です

「動物園」を歩き、遊園地で遊んだ次女は
「抱っこ!抱っこ!」の単語しか
しゃべらない生物
になり
嫁は「そんな距離、歩きたくないんだけど~」と
ブーたれてました
そこで…
こども動物園3
(上の画像は、拡大表示可能です)
東山動植物園内を走る
スカイビュートレインの料金を自分が持ち
「正門駅」から、こども動物園最寄の「植物園駅」まで
行くことにしました
こども動物園4
スカイビュートレイン
運行時間 9:00〜16:20
利用料金
大人(中学生以上) 片道300円、1周500円
子供(2歳以上)  片道150円、1周250円
※小学生未満は、大人(高校生以上)の同乗者が必要
※同乗者の方も利用料金が必要

こども動物園5
スカイビュートレイン乗車



スカイビュートレインの乗車チケットを
購入してから思いついたことなのですが
※足手まといは放置して(※嫁と次女)
自分と長女だけで、行けば済んだお話でしたね
時間に追われていたため無駄金
支払ってしまいました

東山動植物園
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 120キロ(片道)

到着目安 1時間45分

高速料金 2700円(名古屋IC降車の場合)

駐車場 1600台 普通車800円、大型車2000円
自動二輪・原付400円(1日1台)
8:45開門、17:00閉門

所在地 〒464-0804 
愛知県名古屋市千種区東山元町3-70

電話 052-782-2111

営業時間 9:00~16:30(閉園16:50)
こども動物園の営業は、16:00

定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
12/29~1/1

入園料 大人500円(高校生以上)
スカイタワー共通券 640円

スカイビュートレイン
運行時間 9:00〜16:20
利用料金
大人(中学生以上) 片道300円、1周500円
子供(2歳以上)  片道150円、1周250円
※小学生未満は、大人(高校生以上)の同乗者が必要
※同乗者の方も利用料金が必要



スカイビュー1
スカイビュートレインは、その名称通り
東山植物園内の高い位置を走行(1周2キロを20分)
移動手段だけでなく、景色も楽しめるモノレールです
とっても揺れますけれど
こども動物園6
建設中の動物舎
スカイビュー2
ボートのある上池などが観覧できました
こども動物園7
こども動物園「ふれあい広場」前ゲートへ到着
赤枠部分の時計が15:30を回っているのが
分かってもらえるでしょうか?
こども動物園8
(上の画像は、拡大表示可能です)
ふれあい広場は、こども動物園の一部でしかなく
その他の施設として
こども動物園9
「小鳥とリスの森」
こども動物園10
建屋内部は、自然の森さながらの造りで
鳥やリスが放し飼いになっているそうです
断定じゃないのは
鳥もリスも全く発見できなかったからです
「おかしいなぁ~」と思いつつ、小鳥とリスの森を退館

この記事を書くにあたり調べて分かったことなのですが
2016年1月19日~3月中旬まで修繕工事
展示が中止となるそうです
のりゅ達の来園したのは、1月9日のコト
もしかしたら工事の関係上
動物は移動させられていたのかもしれませんね
こども動物園11
「ニホンザル舎」
ガラス越しに近くから、ニホンザルの様子を観覧可能
こども動物園12
「タヌキの里」では
タヌキが野生さながらの形で飼育されており
その他、ハクビジン、キツネなど
わりかし身近にいる動物が
こども動物園で飼育されています
かといって希少動物が、こども動物園に
全くいないわけではなく
こども動物園13
こども動物園14
(上の画像は、拡大表示可能です)
日本の長崎県の対馬だけに生息する野生のネコ
絶滅危惧種、ツシマヤマネコが飼育されています

動物展示施設以外の施設として
こども動物園15
バッテリカー乗り場
こども動物園16
小型電動遊具スペースもありましたが
こども広場閉園時間前(ギリギリ)にもかかわらず
お片付けが完了していました
こども動物園17
こども動物園メイン、ふれあい広場へ入場
こども動物園18
(上の画像は、拡大表示可能です)
ふれあい広場で飼育されている動物一覧です
こども動物園19
さすがにエサ販売コーナーは、営業終了していました

ヤギのエサ販売
1日4回10時・11時~・13時~・14時~)
各回50皿(一日限定200皿)

こども動物園20
こども動物園21
ふれあい広場での娘達は
動物のお触りを嫌がる場面もなく
モルモットをお膝の上に乗せる
ふれあい体験を済ませ
こども動物園22
ヤギへのお触り体験も、なんなくこなしていました
まぁ「伊豆アニマルキングダム(紹介記事へ)」
「富士サファリパーク(紹介記事へ)」
猛獣へのエサやり体験をしているのに
今さら、モルモットやヤギ如き
怖がられても困ってしまいますよね



この直後、上の画像のヤギに
ウ○チをプリプリされて
娘達は、悲鳴を上げながら
逃げる事態となりました☆


といったところで、今回の回顧録終了です

東山動植物園「遊園地」編に続きます☆
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.