FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
東山動植物園(2016年1月訪問) 遊園地編①
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第302弾は、愛知県名古屋市千種区にある
「東山動植物園」の「遊園地編①」です
東山動植物園遊園地1
「東山動植物園」「遊園地」で遊んだのは
前回記事(クリックにて、前回記事へ)
「モノレール・こども動物園編」の前の出来事です
東山動植物園遊園地2
(上の画像は、拡大表示可能です)
(赤枠部分が遊園地のエリア)
前々回記事(クリックにて、前々回記事へ)
東山動植物園「動物園」
「自然動物館」「世界のメダカ館」
2つの屋内展示施設を観覧した1度、動植物園を※退園
(※再入園チケットを発行してもらってます)
「東山スカイタワー」を登った後「遊園地」へ向かいました

東山動植物園、遊園地の
アトラクション料金は、1人1回110円~330円
決して料金設定は、高くないけれど
愛知県の格安遊園地
「刈谷交通児童遊園(クリックにて、紹介記事へ)」
「明石公園(クリックにて、紹介記事へ)」
「岡崎南公園(クリックにて、紹介記事へ)」
「堀内公園(クリックにて、紹介記事へ)」
「岩ヶ池公園(クリックにて、紹介記事へ)」
比べれば割高に感じてしまいますね
※家族3名で遊ぶことを考えれば
(※嫁が人数に入っていないの仕様です)
万単位の出費も仕方ないと思っていました
しかしながら…
東山動植物園遊園地3
(上の画像は、拡大表示可能です)
素敵なモノが売っていました♪

土・日・祝日限定フリーパス
全機種乗り放題 2000円
14機種乗り放題 大人1400円 小学生未満800円
(14機種乗り放題は、ジェットコースターと
スロープシューターの2つが対象外)


公式HPにも記載のない土・日・祝日限定フリーパス
いつでも販売しているモノでもないらしく
問い合わせてみたところ
「毎回確実に売っている」という断言はできないとのことで
ソレが公式HPに記載できない理由だそうです
とはいえ「※春まつり」のシーズンまでは
販売している予定とのこと
(※2016年GWくらいまで)

「遊びたければ、自分でどうぞ」
嫁に告げた後
想定より少ない出費で、遊べる幸運に感謝しました☆

東山動植物園
(公式HPへ)
(遊園地の公式HPは、こちらをクリックで飛びます)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 120キロ(片道)

到着目安 1時間45分

高速料金 2700円(名古屋IC降車の場合)

駐車場 1600台 普通車800円、大型車2000円
自動二輪・原付400円(1日1台)
8:45開門、17:00閉門

所在地 〒464-0804 
愛知県名古屋市千種区東山元町3-70

電話 052-782-2111

営業時間 9:00~16:30(閉園16:50)

定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
12/29~1/1

入園料 大人500円(高校生以上)
スカイタワー共通券 640円


東山動植物園遊園地4
(上の画像は、拡大表示可能です)
東山動植物園、遊園地マップです
東山動植物園遊園地5
(上の画像は、拡大表示可能です)
東山動植物園、遊園地のアトラクション一覧です

東山動植物園、遊園地のアトラクションの数は
全部で16機種
動物園併設の遊園地としては、超立派です
16機種を1度にご紹介・思い出を
振り返るのも多すぎますゆえ
回顧録2回に分けて、皆様にお届けする予定です

それでは、早速GO~
東山動植物園遊園地7
メリーゴーランド
利用条件 2歳以上
(対象年齢以下でも保護者の同伴で乗れる場合アリ)
3歳未満は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回220円(乗り物券2枚)


東山動植物園、遊園地にて、のりゅは
嫁を除いた家族3人仲良く
精一杯楽しもう考えていたのですが
※長女の悪癖が出てしまいました
(※クリックにて、悪癖参照記事①へ)
(※クリックにて、悪癖参照記事②へ)
(※クリックにて、悪癖参照記事③へ)
1人で乗りたいという悪癖ですね
元々、1人で乗るメリーゴーランドは、仕方ないにしても
東山動植物園遊園地8
ティーカップ
利用条件 3歳以上
(対象年齢以下でも保護者の同伴で乗れる場合アリ)
5歳未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回220円(乗り物券2枚)


数人で乗れるアトラクションの際、長女は
「パパも次女も乗らないで!絶対だよ!」と牽制してくる始末
パパは、もちろん、次女が「一緒に乗って?」と頼んでも
「絶対ダメ!」と完全拒否モードでした
東山動植物園遊園地9
アラビアンメリー
利用条件 2歳以上
(対象年齢以下でも保護者の同伴で乗れる場合アリ)
3歳未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回220円(乗り物券2枚)

東山動植物園遊園地10
ハニービー
利用条件 2歳以上
(対象年齢以下でも保護者の同伴で乗れる場合アリ)
3歳未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回220円(乗り物券2枚)


利用条件も利用料金も同じ
アトラクションの内容もほとんど一緒の
アラビアンメリーとハニービー
長女の悪癖、のりゅが遊ぶ費用を出していることを
加味すると両アトラクション搭乗中
同じ想いを抱きました
東山動植物園遊園地11
東山動植物園遊園地12
長女が上になるとムカツキます
東山動植物園遊園地13
大観覧車
利用条件 2歳以上
(対象年齢以下でも保護者の同伴で乗れる場合アリ)
小学生未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回220円(乗り物券2枚)


観覧車の時、のりゅは、長女に
「い~じゃん♪かのじょ~♪パパと乗ろうよぉ~?」と
袖をひっぱりチャラ男っぽく誘ってみたのですが
東山動植物園遊園地14
長女「嫌!パパ臭いもん!!」



痛恨の一撃!
東山動植物園遊園地15
「わたしは、パパと一緒に乗ってあげるよ」と言って
一緒に乗ってくれた次女



というより、オマエは、幼稚園児なので
パパと一緒じゃないと乗れないし
なんか上から目線な言い方が鼻に付くし
そもそも、パパがお金を出しているのだと
指摘してやりたい気持ちも満載でしたが
荷物 嫁
家族全員分の荷物を抱えて
ベンチに座る嫁
を見たら
なんだか気が晴れたので
指摘するのを我慢してあげました
東山動植物園遊園地18
ジェットコースター
利用条件 5歳以上
小学生未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回330円(乗り物券3枚)


東山動植物園、遊園地で最恐のアトラクションです
とはいえ、余程この手のアトラクションが苦手でない限り
爽快なだけのコースターだと思います
利用条件的には、長女は1人で搭乗可能ですね
ジェットコースター拒否
「コレ、乗りたくな~い」の状態な長女
「ナガシマスパーランド(クリックにて、紹介記事へ)」
コークスクリュー、スターフライヤーを乗っているのに
今さらコレが怖いかな~?と思いましたが
ある意味チャンスでした
東山動植物園遊園地20
「乗らないなら帰っちゃうよぉ~」と説得
長女をジェットコースターへ挑戦させることに成功
「一緒に乗って!」と懇願されたので
優しいパパである自分
長女の隣に乗ってあげたんですけれど
超笑顔の自分
(上画像は、嫁の撮影したモノです)
上画像の自分の超笑顔♪
これって、まだアトラクションが動き出したばかりで
ジェットコースターが楽しかったから超笑顔ってわけでは
ありません

超笑顔だった理由は
長女は、ジェットコースターが怖いから
ススス…と密着するように近寄ってきました
それを赤枠部分で押し返しているのです
押しよる自分
ちょっと分かりにくいと思いますが、のりゅは
また赤枠部分で、近寄ってくる長女を押し戻しています

「なんだよー!?
臭いんだろー!?
近寄ってくんなよー!!」

長女「パパ、臭くない!
いい臭いだよ!!」


そんな長女とのやりとりをしていたから
ジェットコースター発進したばかりだというのに
のりゅは、超笑顔だったわけですね
東山動植物園遊園地23
くまさんコースター
利用条件 2歳以上
6歳未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回220円(乗り物券2枚)


ジェットコースターとの違いは、低速で全く怖くないこと
長女、次女ともコレに大ハマり
東山動植物園遊園地24
東山動植物園遊園地25
終わったら乗る、終わったら乗るを
※10回くらい繰り返した気がします
(※正確な数は数えていません)
長女だけなら「1人で乗ってこい」で終わりなのですが
次女は、まだ利用条件的に1人で乗れなかったので
のりゅが付き合うしかありませんでした
待っていただけの嫁は
楽だったろうなぁ~
パパは、大変だったなぁ~


さて、次にご紹介するアトラクションは
東山動植物園、遊園地のアトラクションの中で、のりゅが
最も純粋に乗りたかったモノです
東山動植物園遊園地26
スロープシューター
利用条件 2歳以上
(対象年齢以下でも保護者の同伴で乗れる場合アリ)
小学生未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回330円(乗り物券3枚)


開業54年の老舗アトラクションにして
今も変わらず東山動植物園の人気アトラクション
そして、その長い歴史から
「親、子、孫3代にわたる思い出の遊具」として
「名古屋市認定地域建造物資産第17号」
認定されたアトラクション

さらに、のりゅの静岡県島田市にある
「野守公園(クリックにて、紹介記事へ)」
※ボブコースターを体験できなかった執念が
日本全国の様々な似たようなアトラクションを
探させたきっかけとなり
その時、発見したアトラクションのひとつでもあります
東山動植物園遊園地27
スロープシューターのアトラクションの構造は単純
上までコンベアで運ばれ、後は自然の法則従って
コースを降りながら走行していくアトラクションです
人力で止める
止める時も最後は、人力だから
何かスゴイです☆
東山動植物園遊園地28
東山動植物園遊園地29
長女と共に、スロープシューター体験しゅ~りょ~♪
積年の想いが叶いました☆

これで、ナガシマスパーランドの※ボブカート
(※クリックにて、参照記事へ)
東山動植物園、遊園地のスロープシューターの2つを体験
積年の想いを叶えたわけですが
茨城県日立市の「奥日立きららの里」のわくわくスライダー
長野県松本市の「アルプス公園」のドリームコースターの
長野県岡谷市の「鳥居平やまびこ公園」のサマーボブスレー
岐阜県岐阜市の「岐阜ファミリーパーク」のボブスレー
三重県四日市市の「四日市スポーツランド」のボブスレー
探せば他にも、まだまだあるかもしれませんね
積年の想いは、複数あるので
まだまだ終わりません☆


といったところで、今回の回顧録終了です

東山植物園、遊園地編、次回へ続きます☆
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.