FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
伊豆・三津シーパラダイス 屋外展示編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第375弾は、静岡県沼津市にある
「伊豆・三津シーパラダイス 屋外展示編」です
伊豆三津屋外1
2016年GW、家族4人で、静岡県沼津市にある
「伊豆・御津シーパラダイス」へ初来館を果たしました

次女の持つプラカードに書かれているタイトル
「ごめんね青春!」は、2014年後半
TBS系の日曜劇場枠で放送された
静岡県三島市の高等学校を舞台としたテレビドラマ
ドラマのロケ地として、伊豆・三津シーパラダイスも使われ
登場したらしいですね
主役は「錦戸亮」君…
かつては、ジャニーズJrの
名前や顔を
全て把握していたと豪語する
ジャニオタの嫁
から
高説を賜わりました

前回記事(クリックにて、前回記事へ)
伊豆・御津シーパラダイスの屋内エリアを一通り観覧した後
屋外エリアへ移動
引き続き、展示を見て回ることにしました
伊豆三津屋外1-1
赤枠部分、ピースサインで記念撮影に応じている嫁ですが
前回記事(クリックにて、前回記事へ)の序文にて
伊豆・御津シーパラダイスへおでかけする前段階
のりゅに、おごってもらう立場でありながら
嫁が不満・不平を言っていたことを書きました

屋内エリアを巡っていた時は
鳴りを潜めていた嫁の不満・不平…
屋外エリアへ移動した瞬間
ソレが開放されました

嫁「日差しが強いわね~日焼けしちゃいそう…
それに、夏に来たら
見て回るのも、しんどいわね~


日差しやら日焼けの不満・不平はともかく…
それほど暑くもないGWに訪問したのに
なんで、わざわざ夏に
来たことを想定
するんですかね~?
不満・不平を言いたいがためだけ…
なんでしょうね~たぶん

伊豆・御津シーパラダイス
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 139キロ(片道)

到着目安 2時間10分

高速料金 3140円
(長泉沼津IC降車の場合)

駐車場 300台(1台1回500円)

所在地 〒410-0295 静岡県沼津市内浦長浜3-1

電話 055-943-2331

定休日 基本は無休(メンテナンス休あり)

営業時間 9:00~17:00(最終入場16:00)

入館料 中学生以上 1960円、4歳~小学生980円

セット訪問候補
伊豆の国パノラマパーク(紹介記事へ) 4キロ 10分
あわしまマリンパーク(紹介記事へ) 1.5キロ 10分
淡島(紹介記事へ) 1.5キロ 10分


伊豆三津屋外2
(上画像は、拡大表示可能です)
伊豆・御津シーパラダイス、マップです

今回の回顧録は、上画像マップ、赤星の起点から
赤矢印ルートで観覧した内容となります
屋内エリアを出てすぐにあるのが…
伊豆三津屋外3
「いそあそびーち!」です
磯遊びを気軽に疑似体験、小魚が飼育されており
素足で入って、用意されているゴーグルを使って観察
できます
とはいえ、海の生物にタッチすらできない
我が家の娘達が、いそあそびーち!へ入れるはずもなく
宝の持ち腐れでした

そして、嬉しい&残念な情報ひとつ
※2016年7月1日(金)、伊豆・三津シーパラダイスは
複数の新展示がオープン
リニューアルオープンする予定
みたいです
(※クリックにて、リニューアルお知らせページへ)
それに伴い
いそあそびーち!は、閉鎖されてしまうみたいですね
伊豆三津屋外4
(上画像は、拡大表示可能です)
いそあそびーち!から少々歩くと
バンドウイルカの飼育エリア「イルカの海」
海に浮かぶステージから
バンドウイルカを観察できる「ふれあいステージ」
伊豆三津屋外5
同じく海に浮かぶステージから、魚相手に
エサやり、観察ができる「なかよしステージ」があります
エサやりカプセルのガチャガチャは、1回100円でした

ココで、娘達が
「エサやりをしたい!お金ちょーだい!」と
主張してきたので
「2回でも3回でもどーぞ!」と
※鷹揚に許可
しました
(※鷹揚→ゆったりとして小事にはこだわらないこと)

「なんとも気前の良いことで…」なんて、皆様
思われるかもしれませんが
当然、目論見がございます

伊豆・御津シーパラダイスへ出発する前、マイ両親から
娘1人につき2000円…
合計4000円のお餞別
を頂戴しました
帰宅すれば娘達は、マイ両親から
「何をやらせてもらえたの~?」と聞かれますね
そこで、安価なエサやり体験を好きなだけやらせ
娘達からマイ両親への報告内容は確保
お餞別の余った分は
のりゅが、有効活用する…という
目論見でした
伊豆三津屋外6
(上画像は、拡大表示可能です)
なかよしステージで、200円分のエサやり体験を済ませ
バンドウイルカを観察できる
ふれあいステージ&イルカの海へ移動
日本で初めて、伊豆・三津シーパラダイスで
飼育されはじめたイルカ種、バンドウイルカ
のりゅ達の来園した日、ゆったり泳いでいました
伊豆三津屋外7
(上画像は、拡大表示可能です)
バンドウイルカと違い、とても元気だったのがカマイルカでした
「ショースタジアム」隣の飼育プールでは
何度もジャンプしたり、飼育員さんと触れ合っている姿を目撃
伊豆三津屋外8
(上画像は、拡大表示可能です)
ショーの開催されている時間ではありませんでしたけれど
カマイルカのショー練習風景を見ることができました
(上画像下左、赤枠部分でイルカが大きくジャンプしてます)
伊豆三津屋外9
「自然飼育場」」である「オットセイの海」へ移動
伊豆三津屋外11
(上画像は、拡大表示可能です)
自然飼育場、オットセイの海は、天然の入り江を改造
海獣達がのびのび暮らせる環境を整え
ソレを観察できるスポット
となっています
アシカやゴマフアザラシが泳いだり休んだりしているのを
見ることができましたが…
伊豆三津屋外12
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像の赤枠部分の海獣キタオットセイ
じっくり見ていなかったことに後悔…
…というよりは、飼育されていること自体
回顧録を作成する段階で調べるまで知りませんでした

キタオットセイは、アシカよりも毛深く
短い毛と長い毛が二重に生えている珍種

2016年5月現在、日本では、伊豆・三津シーパラダイスと
青森県青森市にある「浅虫水族館」のみ観覧できる
海獣とのこと
伊豆三津屋外13
(上画像は、拡大表示可能です)
娘達に、アシカのエサやり冷蔵庫を発見され
「やりたい!お金ちょーだい!」と主張されました
むぅ…のりゅが
有効利用できる金額が目減りしちゃいましたね~
それでも1カップ100円、格安でしたけれど…

それにしても、不思議なのは
海の生物のタッチはできず
いそあそびーち!にも入れなかったのに
娘達が、アシカのエサ、小アジには触れたこと
エサやりしたい気持ちならOKとなるのでしょうか?
伊豆三津屋外14
(上画像は、拡大表示可能です)
バルコニー部分で、娘達がエサを見せびらかすと
のんびりしていたアシカ達は、うようよ集まってきて
エサをせがんできました
伊豆三津屋外15
(上画像は、拡大表示可能です)
自然飼育場の北側には
フラミンゴ、ケープペンギンの展示があります
ペンギンの飼育檻を真剣なまなざしで見つけていた次女
伊豆三津屋外16
ペンギンの檻の前でペンギンポーズ

次女「ペンギンさーん
私もペンギンだよ~♪
よちよちよちよち…」


なんてことを始めて、ちょっとびっくりしました

通う幼稚園の年長組の中では
最も身長が高く、たぶん体重も1番な次女…
その体に見合わず、思考は乙女
乙女であるがゆえ可愛い動物好きで
ペンギンやウサギが大好きです
その証拠として…

去年の年末、南紀旅行の際
のりゅは「狼煙山遊園(紹介記事へ)」へ来園
狸の置物呪いをかけられてしまいました
次女に似ているモノを
見かけると次女本人だと
錯覚してしまう
恐るべき呪い
です
過去の呪いの発動例は
※チンパンジー※メコンオオナマズです
(※クリックにて、呪いが発動した参照記事①へ)
(※クリックにて、呪いが発動した参照記事②へ)

呪いの発動のたび
次女に「違う!違う!」と襲撃され困っているのですが
ペンギンに関しては、呪いが発動
次女と間違えても襲撃されません
伊豆三津屋外17
(上画像は、拡大表示可能です)
フラミンゴ、ケープペンギンの展示を見終え
ふらふら順路を進むと上画像、上左の赤枠部分の橋が
自然飼育場、最後の観覧スポット
となります
十数匹のフンボルトペンギンが岩場で飼育されており
伊豆三津屋外18
(上画像は、拡大表示可能です)
フンボルトペンギン個体の見分け方の解説看板で驚愕
赤枠部分「ダイオン」&「タイム」というペア(つがい)の
生年月日にご注目ください
ダイオンが、2011年3月生まれ
タイムは、1998年4月生まれ

約13歳年上の姉さん女房です

人間年齢換算できれば良かったのですが
グーグルで調べてみても見当たりませんでした
でも、ペンギンの寿命は、20年くらいらしいので
えらい年上の嫁ということになりそうですね

といったところで、今回の回顧録終了です

伊豆・三津シーパラダイス
「ショー・イベント編」に続きます☆
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.