FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003
淡島を探検
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第432弾は、静岡県沼津市にある「淡島」です
淡島探検1
前々回記事(クリックにて、前々回記事へ)
前回記事(クリックにて、前回記事へ)にて
「あわしまマリンパーク」の展示、ショー、イベントなどを紹介
思い出を振り返りました

水族館での一通りの観覧、目的を終えた後
小雨が降ってきて
長女用カッパを持参しながら
自分用の傘は
車に置いてきた失態
を犯しました
まぁ~ソコは、探求心と体力と根性でカバーするとして
長女と2人、あわしまマリンパークのある無人島「淡島」
探検してみることにしました

あわしまマリンパーク
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 137キロ(片道)

到着目安 2時間5分

高速料金 3140円(長泉沼津IC降車の場合)

駐車場 150台 1日500円

所在地 〒410-0221 静岡県沼津市内浦重寺186

電話 055-941-3156

定休日 年中無休
※天候、その他理由により臨時休館あり

営業時間 9:30~17:00(最終入園15:30)

入館料金 中学生以上1800円、4歳~小学生900円
※島までの船代(往復分)を含む

セット訪問候補
伊豆・御津シーパラダイス(紹介記事へ) 1.5キロ 5分
伊豆の国パノラマパーク(紹介記事へ) 4.5キロ 10分
あわしまマリンパーク(紹介記事へ) 淡島内包施設


あわしま2
(上画像は、拡大表示可能です)
あわしまマリンパークはのある淡島は
1周2.5キロの無人島
水族館以外にも高級リゾートホテル
そこから眺める富士山は、絶景過ぎると評判

「淡島ホテル(公式HPへ)」があったりします

そんな淡島は、散策コースが整備されていて
30~40分かければ1周できちゃったりします

淡島探検2
(上画像は、拡大表示可能です)
見所①(?)大きな岩
淡島の大きさ、高さ、構成する岩石の特徴などが記載
淡島探検3
大きな岩から少々進むと「淡島釣り堀」を発見
釣りに興じるご家族がいて驚きました
ただし、驚いたのは
小雨の中、釣りを興じるご家族に…ではなく
淡島探検4
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像の料金設定で
釣りを興じるお金持ちなご家族
にです

釣り具のレンタル込で、30分1000円
アジは2匹目から別途200円

マダイは1匹目から別途1500円
釣竿破損時の弁償費300円
持ち帰り用ビニール袋無料


アジはともかく、マダイを釣った場合の値段を見てびっくり
このアレコレな料金設定
持ち帰り用のビニール袋くらい無料にしてくれない場合
だと思いました
のりゅは、釣り堀素人なので
そこらの釣り堀の値段設定には詳しくありませんけれど
日頃、お世話になっている
東京都を中心とする釣り堀発見ブログ
「 釣り堀発見ブログ ツリボリスト!」さんの紹介記事でも
こんなに、お高い釣り堀はなかった気がします

長女とこの釣り堀を興じた場合
「マダイよ!頼むから
釣れないでくれよ…」
とか
祈りつつ興じるビジョンが浮かびました
でも、のりゅの感覚がおかしいだけで
一般的には妥当な料金設定だったりするんですかね~?
淡島探検5
(上画像は、拡大表示可能です)
淡島探検最大の見所「BLUE CAVE~青い洞穴~」
トンネル内がライトアップされてました
淡島探検6
(上画像は、拡大表示可能です)
ライトアップされたトンネルを半分くらい進むと
あわしまマリンパーク関連なのでしょう
ペンギン、カエル、アシカを模した形の電飾がありました

トンネル内では、長女を先行させ
抜き足、差し足、忍び足で
バックウォーク
したところ
淡島バックウォーク
長女「うわぁぁぁぁん!」

長女は、叫びながら
のりゅの元まで戻ってきました♪


前々回記事(クリックにて、前々回記事へ)にて
海の生物お触り嫌いの長女
のりゅに、取引を持ちかけられ
小型のサメをお触りした様子をお送りしました
我が子の成長が面白くない…
のりゅは、我が子の成長を喜んだわけですが
※お化け関連は、相変わらず苦手のようですね~
(※クリックにて、参照記事①へ)
(※クリックにて、参照記事②へ)
(※クリックにて、参照記事③へ)

いっぱいいっ~ぱい
鍛える必要がありますネ☆

淡島探検7
トンネルを抜けた先にある「柱状節理」の岩壁
約7000年前、淡島の前身となる海底火山が噴火した際
生み出された自然の神秘

淡島探検8
(上画像は、拡大表示可能です)
岩壁から少し進むと設置されていた
セクシーダイナマイツな像
淡島探検9
淡島探検10
(上画像は、拡大表示可能です)
「イエスタディ 若き頃」の石碑
「シャルル・アズナブ-ル」という方の代表作だそうです
淡島探検11
石碑から進んで、獅子の形に見える「獅子岩」
獅子岩からちょっと進むと
あわしまマリンパークの「いきもの広場」となり
淡島を1周したことになります
淡島探検12
淡島の中心部(山頂)にある「淡島神社」には
全く興味がなかったので行きませんでした
淡島神社へ辿りつくには、必然的に登山となり
往復50分くらいかかるそうです

といったところで、今回の回顧録終了です

淡島
あわしまマリンパークへ来館の際には
散策してみてくださいませ☆
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.