FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
伊良湖クリスタルポルト(伊良湖乗り場)から伊勢湾フェリーへ乗船
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第540弾は、愛知県田原市にある
「伊勢湾フェリー&伊良湖クリスタルポルト」です
伊勢フェリー2月1
(上画像は、拡大表示可能です)
2017年2月上旬、愛知県田原市にあり
渥美半島の先端にある上画像右の道の駅
「伊良湖クリスタルポルト」へやってきました

おでかけしたメンバーは、のりゅと娘達
伊勢フェリー2月2-1
当初は連れて行くつもりがなかった嫁でした

伊良湖クリスタルポルトは
伊良湖港⇔鳥羽港をつなぐカーフェリー
「伊勢湾フェリー」のターミナルでもあるので
ここから伊勢湾フェリーへ乗船
伊良湖乗り場→鳥羽乗り場と移動したのち
伊勢フェリー2月3-1
鳥羽乗り場と隣接する立地の国内有数の水族館であり
※嫁と娘達は行ったことはあるけれど
お仕事で汗を流していた旦那様は
来館経験のない水族館
「鳥羽水族館」
向かう予定でした
(※クリックにて、嫁の書いた鳥羽水族館の記事へ)

当初は、嫁を連れて行くつもりがなかった理由が
お分かりいただけたかと思います…
ソレがなぜ、連れて行くことになったのか?を説明します

鳥羽水族館のおでかけを立案・計画したものの
移動スケジュールを説明した段階で
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」
軒並み断られてしまいました
まぁ~こちらは、仕方ないことでした

鳥羽水族館の営業開始直後には
現地へ到着したいと考えていた自分は
始発である8:10出発のフェリーへ乗ることにしました
しかし、静岡県浜松市浜北区の我が家から
伊勢湾フェリーの伊良湖乗り場までは
車で、約2時30分ほど時間がかかります
乗船までの手続きを考えると
7:40くらいまでには、伊良湖乗り場へ
到着しておきたいところでした
そうなると、おでかけ仲間には
「我が家へ5:00前に集合してくれる?」と
尋ねる他なかったわけで、断られて当然だと思いました
「断られて当然」と思いながらも一応
全員に聞いちゃいましたけれど…


仕方ないから、自分と娘達だけで行くことを決め
「1人お留守番よろしくね~☆」
のりゅは、嫁に鳥羽水族館行きを告げ
嫁の悔し顔を拝見・堪能しようとしました
しかし、狡猾な嫁
のりゅの心理を揺さぶる発言をしたのち
脅迫と書いても過大表現ではない
選択を迫ってきたのです

結果、のりゅは、屈してしまったわけでありますが…

「私に着いて来てほしいわけだから
当然、お金はアンタ持ちね~♪」と言う嫁は
のりゅの悔し顔を見て
素晴らしい笑顔を浮かべていました

旦那様の弱みにつけこみ、脅迫
さらに、旦那様の悔しがるさまを見て喜ぶとは
なんて性格の悪い嫁なんでしょうね
旦那様は、※清廉潔白※公明正大
愛と勇気と真実の人
だというのに…
(※清廉潔白→心が清くて私欲がなく
後ろ暗いことのまったくないさま)
(※公明正大→私心をさしはさまず、公正に事を行うこと)

伊勢湾フェリー
(伊勢湾フェリーの公式HPへ)

伊良湖クリスタルポルト
(道の駅の公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 104キロ(片道)
※愛知県田原市伊良糊港までの距離

到着目安 2時間30分

高速料金 豊川IC降車の場合 1260円

駐車場 伊良糊のりば駐車場 200台(無料)
      鳥羽のりば駐車場 300台(有料 1台800円)

所在地 
〒441-3624 愛知県田原市伊良湖町宮下3000-65
(伊良湖のりば)
〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽三丁目1484-111
(鳥羽のりば)

電話 0531-35-6217(伊良糊のりば)
0599-25-2880(鳥羽のりば)
0531-35-6631(伊良湖クリスタルポルト)

営業時間 始発8:10~最終17:40
※出発時間確認推奨
※乗船手続きがありますので
出発予定時間よりお早めの到着を推奨

伊良湖クリスタルポルト営業時間 9:00~17:00
※施設によって異なる

定休日 特になし
※台風・悪天候時、運休有
伊良湖クリスタルポルトは、年中無休

利用料金 
3~4m未満の車両 片道4630円 往復8330円
4~5m未満の車両 片道5660円 往復10190円
5~6m未満の車両 片道6690円 往復12040円
※運転手1名の乗船費用を含む、6~7m以上の車両は省略

車両無し旅客単独の利用
中学生以上 片道1550円 往復2790円
小学生以上 片道780円 往復1400円
※幼児は、大人1名に付1人分無料

鳥羽水族館とのセット料金(伊良湖限定)
高校生以上 4900円
中学生 3800円
小学生 2460円

特別室(有料) 中学生以上330円 小学生170円
※伊勢湾を眺めの良い場所で観覧可能な特別室
その他、軽食、飲料、土産物を取り扱う売店が船内にあり

セット訪問候補
鳥羽水族館(クリックで、紹介記事へ)
鳥羽のりばより徒歩5分


伊勢フェリー2月3-2
上画像は、愛知県田原市にあり
渥美半島の先端、伊良湖岬にある道の駅
伊良湖クリスタルポルトの建物外観です

回顧録序文で書いたことの繰り返しとなりますが
伊勢湾フェリーの伊良湖乗り場ターミナルでもあります
多少遊べそうだったり、見て回れる内容があったので
「おでかけ回顧録」として採用しました
伊勢フェリー2月3-3
遊べる内容① レンタサイクリング
普通自転車 1時間300円 1日プラン900円
電動アシスト付自転車 1時間500円

伊勢フェリー2月3-4
伊良湖岬周辺は、サイクリングロードが設定されています
サイクリングスポットのひとつ「恋路ヶ浜」
恋人の聖地認定されているそうですよ
伊勢フェリー2月3-5
遊べる内容② ゲームコーナー

コレ目当てに、わざわざ伊良湖クリスタルポルトまで
足を運ぶ方はいらっしゃらないかと思いますが
伊勢フェリー2月3-6
ゲームコーナーと隣接して
「やしの実博物館」という名前の
アレコレこじらせている自分が惹かれる
珍妙な雰囲気で妙に気になる施設を発見しました
行きは、開館時間外だったため
入館することができませんでしたけれど
帰りに立ち寄ることができました
伊勢フェリー2月3-7
館内中央部、やしに関わる展示は、このあたり
博物館の大半は
伊勢フェリー2月3-8
(上画像は、拡大表示可能です)
クジラの骨格標本(上画像上段)が置かれていたり
鳥類の剥製、近隣で出土した土器なんかが展示されており
普通な内容にがっかりしました
意外と普通な博物館でした
入館料金は無料なので
伊良湖クリスタルポルトへ立ち寄った際には
ぜひ入館してみるとよいでしょう
伊勢フェリー2月4
上画像が、伊良湖港⇔鳥羽港をつなぐカーフェリー
伊勢湾フェリーです
約55分の航海となります
伊勢フェリー2月5
(上画像は、拡大表示可能です)
伊良湖岬から鳥羽水族館へ行く際には
水族館入館料金+往復乗船券付
セットチケットがオススメです

のりゅは、当初連れて行くつもりのなかった嫁の参加により
4900円の予定外の出費がありましたので
割引の恩恵は、痛みが多少和らぐ程度でした
伊勢フェリー2月6
伊勢湾フェリーの客室前方
伊勢フェリー2月7
伊勢湾フェリー客室中央部分、船内売店があります
伊勢フェリー2月7-1
売店の横には「特別室」への階段があり
入室するには、別途有料
大人330円、小児170円とのこと
伊勢フェリー2月7-2
特別室には、多少興味ありましたけれど
予定外の出費があった関係で
入室することを諦めました

せめて特別な空間を外から拝見しようと
甲板から覗いたのち撮影してみました
伊勢フェリー2月8
伊勢湾フェリー客室後部です
伊勢フェリー2月9-1
(上画像は、拡大表示可能です)
このエリアには、絵本が置かれていました
本を読むのが好きで
乗り物酔いに強い我が家の長女は
このエリアで、伊勢湾フェリー乗船時間の大半を
過ごしていましたね
伊勢フェリー2月10
伊勢湾フェリーは、甲板へ自由に行き来可能です
しかし、娘達は、すぐに飽きて船内へ戻ってしまいました
伊勢フェリー2月11
(上画像は、拡大表示可能です)
伊勢湾フェリーは、乗船中
まれにイルカを見ることができるそうです

そこそこの数の水族館へ赴いて
飼育下のイルカは、けっこう観覧している自分ですが
野生のイルカを目撃したことはありません
日頃の行いが最良のワタクシ
この時同様(クリックにて、奇跡が起きた時の回顧録へ)
「神様がプレゼントしてくれるかな~?」と考え
しばらく粘ってみたものの残念ながら
イルカは姿をみせてはくれませんでした
業が深い人物(約3名)が
乗船していたため
のりゅの善なる※カルマを
打ち消してしまったのでしょうかね~?

(※カルマ→業という意味合い
過去の行為は、良い行為、悪い行為にせよ
いずれ必ず自分に返ってくるという因果応報の法則)
伊勢フェリー2月12
船内を見て回ったり
甲板でイルカの出現を心待ちしていたら
鳥羽水族館が見えてきてしまいました
約55分の航海は、わりかし早かったですね

といったところで、今回の回顧録終了です

次回の舞台は、鳥羽水族館!
のりゅの心理を揺さぶった嫁の発言
脅迫と書いても過大表現ではない
のりゅが迫られた選択
が明らかとなります
そして、嫁に騙されました!!
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.