FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003
鳥羽水族館(2017年2月上旬) 施設概要・A~Eゾーン編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第541弾は、三重県鳥羽市にある
「鳥羽水族館(2017年2月上旬) 施設概要・A~Eゾーン編」です
鳥羽水前1
2017年2月上旬、前回記事(クリックにて、前回記事へ)
カーフェリー「伊勢湾フェリー」を利用して
三重県鳥羽市にある「鳥羽水族館」へ来館しました
伊勢フェリー2月2-1
おでかけメンバーは、のりゅと娘達
※当初連れて行くつもりがなかった嫁でした
(※その理由を知りたい方は、クリック先を読んでね)

ソレが、連れて行くハメになった上
伊勢湾フェリーの往復乗船料金
鳥羽水族館の入館料金を
のりゅが負担するという
最低最悪間逆の結果
になったのか?を
説明いたします

前回記事(クリックにて、前回記事へ)で書いたとおり
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」に軒並み断られた自分は
狡猾な嫁に、弱みを突かれ
脅迫と書いても過大表現ではない選択を
迫られた結果、屈してしまった
のです
嫁⑤-14-1
上画像は、※2015年春休みシーズンに、のりゅ抜きで
嫁や娘達が来館した時の鳥羽水族館です
(※クリックにて、嫁が作成した回顧録へ)


嫁「鳥羽水族館は、ものすごい混むからね」

嫁「アンタ1人で、娘ちゃん達を
迷子にさせることなく
看きれるのかしら?」

嫁「写真を撮ったり、水槽を見るのに
集中できないでしょうねぇ~」

嫁「で、私は付いて行かなくていいの?」


ねちっこい笑みを浮かべる嫁
上記流れで、のりゅは、弱みを突かれ
脅迫と書いても過大表現ではない選択を
迫られたわけですね
「お願いします…」と頭を下げるほかありませんでした
ここ数年、味わったことのない屈辱に耐え
辛酸を舐めたにもかかわらず…

鳥羽水前2
上画像は、鳥羽水族館のエントランスです
平日ではなく休日に来館したんですよ
2月は、どうやら閑散期のようですね
鳥羽水族館は、全く混んでいませんでした…



ちくしょぉぉぉぉ!
嫁に騙されたぁぁ!!

鳥羽水前3
でもまぁ、混雑していない分
苦労することなく館内を巡ることができました…

鳥羽水族館
(公式HPへ)

訪問先基本情報

伊勢湾フェリー鳥羽のりばからの距離 500m

到着目安 歩いて5分

駐車場 500台 1日800円(1台)

所在地 〒517-8517 鳥羽市鳥羽3丁目3番6号

電話 0599-25-2555

営業時間 9:00~17:00(季節によって変動)

定休日 年中無休

入館料金
高校生以上 2500円
小・中学生 1250円
3歳以上 630円
65歳以上 2100円


今回の回顧録が、鳥羽水族館を舞台とする初回なので
施設概要を説明いたします
鳥羽水前4
(上画像は、拡大表示可能です)
国内最多の飼育種類数を誇る鳥羽水族館の
飼育している生物は、約1200種類!
飼育点数は、30000点!!
国内で唯一、ジュゴンを
飼育するスポットであり

ソレ以外にも希少生物の宝庫だったりします
そんな鳥羽水族館は
鳥羽水前5
(上画像は、拡大表示可能です)
テーマ別に、12のゾーンに分かれています
さらに
鳥羽水前6
(上画像は、拡大表示可能です)
順路がないことが有名です
12のゾーンは、どこから見てもOK
ただし、大型の水族館なため
メインストリートは、全長約240m
通路全長約1.5km
もあります
決まった時間に、イベントやショーが
開催されるゾーンもある
ので
自分なりに下調べをして
観覧順路を決めておいたほうが無難です

それでは、今回記事は
「施設概要・A~Eゾーン編」と題しましたゆえ
鳥羽水族館のAゾーンから順番に紹介
ソコでの思い出があれば振り返ってまいります
鳥羽水前8
Aゾーン「パフォーマンススタジアム」です
10:00~ 11:30~ 13:00~ 15:30~の
1日4回、アシカショーが開催
されます

ここで開催されるアシカショーについては
今回とは別に回顧録を作成して詳しく紹介
感想をお送りする予定です
鳥羽水前9
Bゾーン「海獣の王国」です
大型プールをホンモノさながらの岩でおおい
鰭脚類が多く生息するチリの海岸を再現したとのこと
よって、このゾーンでは、自然さながらの地形で
鳥羽水前9-1
(上画像は、拡大表示可能です)
伸び伸びと過ごす怪獣が観察できちゃえ…



おおぅ!画像を間違えた!
上画像は、我が家のセイウチ(次女)でしたね☆
鳥羽水前10
(上画像は、拡大表示可能です)
このゾーンで飼育されているのは
トド、ゴマフアザラシ、ハイイロアザラシです
3階に移動して上部より観察(上画像下左)したり
1階に移動して水中の海獣を観察できました(上画像下右)
のりゅ達の来館した日

「海獣王国お食事タイム」
10:30~ 15:30~ 1日2回

動物達のお食事タイムが開催されていました
トドやらアザラシの食事する姿を
スタッフの方の解説付きで、観察できます
さらに
鳥羽水前11
(上画像は、拡大表示可能です)
上部の岩場より、トドが
ダイビングパフォーマンスをする展開があり
ソレを観覧することができました
京都水族館23
着水の瞬間です!



おおぅ!また画像を間違えた
上画像は、去年の夏
京都府京都市にある「京都水族館(紹介記事へ)」にて
ジャブジャブ池へ
勝手に飛び込んでスっ転んだ
我が家の怪獣(次女)
でしたね
鳥羽水前12
こっちがホンモノの着水の瞬間です
1階で水中の様子を観覧していたら
もっとダイナミックな画像が撮影できたかもしれませんね
鳥羽水前13
Cゾーン「古代の海」
鳥羽水前14
(上画像は、拡大表示可能です)
このゾーンでは、アリゲーターガー(上画像上左)
チョウザメの仲間(上画像上右)

奥の大型水槽(上画像下左)では
そこそこ大きなサメ(上画像下右)等が展示されていました

Cゾーンの古代の海は
古代より、進化せず「生きた化石」なんて呼ばれる生物を
大集合させているゾーンですね
鳥羽水前15
(上画像は、拡大表示可能です)
化石が、床下のガラスの中に、数多く設置されていたり
オブジェとして置かれているので、古代な演出も凝ってます
鳥羽水前16
(上画像は、拡大表示可能です)
カブトガニの水槽を見て
その飼育されている数にびっくりしました
今まで、カブトガニを見たことがないわけではありませんが
1度にこれだけの数を見たのは初ですね
鳥羽水前17
(上画像は、拡大表示可能です)
オウムガイの飼育水槽を見た娘達が
「パパ~、見て見て~」と指さして呼びかけてきました
赤枠部分を覗くと
大きなオウムガイが、小さなオウムガイを撫でていました
のりゅは、娘達の意図を察しました
鹿島八幡12
(上画像は、拡大表示可能です)
「チミ達も撫でられたいんだね~♡
撫でるよりもサービスして

頬ズリズリ♡してやろう~♡♡」

と、手をワキワキさせて、娘達に迫ったのですが
嫁に「やめなさい!周りに迷惑でしょ!」とはたかれ
やめさせられました
弱みを突かれ、脅迫、詐欺行為までされたあげく
父娘のスキンシップタイムまで邪魔されたなり!
鳥羽水前18
Dゾーン「コーラルリーフ・ダイビング」
鳥羽水前19
(上画像は、拡大表示可能です)
さんご礁の水槽に
色鮮やかな魚が飼育されているゾーンです
このゾーンの1番の見所は
鳥羽水前20
そのまんま、ゾーンの名前の水槽
コーラルリーフ・ダイビングです
天井・正面・左右をアクリルガラスで覆われた
水量約800トンの大水槽は、世界初の試みで
水槽内の人工のサンゴは、総額一億円強と
半年間の制作期間を費やし造られたそうです
鳥羽水前21-1
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像左が天井、上画像右が正面の様子
写真だと伝わりにくいかもしれませんが、すんげー綺麗でした
鳥羽水前22
Eゾーン「 伊勢志摩の海・日本の海」
鳥羽水前23
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像上左が、ゾーンの全体内部
やたらでっかり魚(上画像上右)
詰めるに詰め込んだ水槽(上画像下左)
※のりゅがこの世で最も嫌いな食材のひとつ
海老の仲間、イセエビの密集具合(上画像下右)に
「ひゃあ~」と寒気を感じされられました
(※クリックにて、のりゅの超偏食が理解できる記事へ)
鳥羽水前24
(上画像は、拡大表示可能です)
黄金のヒラメを観覧
「う~ん、微妙…」と感想を抱いたのち
鳥羽水前25
このゾーンのメイン水槽で飼育されている
スナメリを観覧しました
鳥羽水前26
(上画像は、拡大表示可能です)
鳥羽水族館のスメナリは、人懐っこいのか?
観覧客に関心を示す場面を何度も目撃
お客さんが、カメラを向けたり、手を振ると
水槽ガラス越し間近に近づいて来てくれたり
視線を合わせてくれていました
鳥羽水前27
我が家の女子3名
スメナリの関心を惹こうと試みてましたけれど
スルーされていました(ぷぷぷ…)

きっと心が清らかな方にだけ
関心を示してくれるのだと思います☆


といったところで、今回の回顧録終了です

鳥羽水族館、次回へ続きます☆

おまけ①
鳥羽水前28
(上画像は、拡大表示可能です)
Dゾーンの反対側には、ザリガニコーナーがあります
マロンというザリガニの青色個体が印象的でした

おまけ②
鳥羽水前29
Bゾーン1階奥に、マリンギャラリーがあります
鳥羽水前30
(上画像は、拡大表示可能です)
世界一大きくなる貝、世界一長い貝、世界最大の巻貝
日本で唯一世界でも4つしかない貝
世界一高価な貝(360万円)等
様々な貝殻が展示されてました、わりと面白かったです
スポンサーサイト



コメント
コメント
さすがに鳥羽は質が高いですね。
名古屋港もハイクラスだけど、
こっちは歴史の重みも感じられる水族館の帝王かなぁ。

2月が空いてるのはどこも同じだね('-'*)

2017/03/19(日) 20:25:26 | URL | おでかけ親父 #- [ 編集 ]
ハイクラスの水族館
コメントありがとうございます

鳥羽水族館
展示内容の豊富さだけなら
間違いなく今までで、1番でしたね

ちょっと前に
「八景島シーパラダイス」も行って
あと行っていない
国内の超大型な水族館は
沖縄くらいですかね~?

仙台とか大洗とか
葛西臨海とか小樽とか
アクアスとかうみたまごとか
大型クラスなら
まだまだいくつもありますけれど…
2017/03/20(月) 10:06:26 | URL | のりゅ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.