FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
よみうりランド グッジョバ!!エリア編③
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第678弾は、東京都稲城市にある遊園地
「よみうりランド」の「グッジョバ!!エリア編③」です
グッジョバ後1
2017年11月初旬
のりゅと娘達、マイハニーの家族4名は
東京都内でも都心から外れた立地にあるスポットを巡る
家族旅行をしました

旅行初日にして、最初の目的地は
東京都稲城市にある遊園地にして今回記事の舞台
「よみうりランド」でした
よみうり初回3
(上画像は、拡大表示可能です)
よみうりランドマップです

回顧録第675弾(クリックにて、第675弾へ)
「施設概要・太陽の広場編」では、よみうりランドの
施設概要と6つあるエリアの1つ「太陽の広場」にある
アトラクションを紹介、思い出を振り返りました

回顧録第676弾(クリックにて、第676弾へ)
「グッジョバ!!エリア編①」では、同施設6つあるエリアの1つ
グッジョバ!!エリアで体験・遊べる
アトラクション15機種中4機種と
ワークショップ4種類中2種類を紹介
思い出を振り返りました

回顧録第677弾(クリックにて、第677弾へ)
「グッジョバ!!エリア編②」では
グッジョバ!!エリアで体験・遊べる
アトラクション15機種中5機種
ワークショップ4種類中1種類を紹介
思い出を振り返りました

今回記事の副題は「グッジョバ!!エリア編③」です
グッジョバ!!エリアで体験・遊べる
アトラクション15機種中6機種
ワークショップ4種類中1種類を紹介

思い出を振り返ります

よみうりランド
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 221キロ(片道)

到着目安 3時間

高速料金 5120円(東名川崎IC降車の場合)
※2017年11月時点

駐車場 普通車1日1500円 
※利用可能時間 7:30~22:00

所在地 〒206-8725 東京都稲城市矢野口4015-1

電話 044-966-1111

定休日 不定休

営業時間 季節によって異なる

入場料 3歳~小学生1000円
中高生1500円、大人1800円、65歳以上800円

ナイト入園料(16時から) 小学生300円
中高生600円、大人1400円、65歳以上600円
※幼稚園児以下は無料

ワンデーパス(入園+乗り放題) 
3歳~小学生3800円、中高生4300円、大人5400円
65歳以上4500円

ひよこパス(入園+お子様向けアトラクション乗り放題) 
3歳~小学生3800円、中高生4300円、大人5400円
65歳以上4500円

ナイトパス(16時から販売、入園+乗り放題)
3歳~小学生 中高生1600円、大人2400円
65歳以上1600円
※大観覧車、閉園時間前に営業終了する
アトラクションには利用不可


よみうり初回3-1
(上画像は、拡大表示可能です)
グッジョバ!!エリアのマップです

グッジョバ!!エリアは、2016年3月18日にオープンの
よみうりランド新エリアです
エリアの総工費は、100億円!
オープン当初は、テレビ等でよく取り上げられてましたね

自動車、食品、ファッション、文具の4業種における
モノづくりをテーマとした
アトラクション15機種で遊んだり
4種類のワークショップに参加することができます
15機種のアトラクションの中には
日本初のモノが4機種ある
とのことです

それでは、グッジョバ!!エリア編②の
回顧録本文ということで
アトラクション15機種中6機種と
ワークション4種類中1種類を紹介

思い出を振り返ります
グッジョバ後2
カドケシとろっこ
利用条件 2歳以上
6歳未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回400円(2歳無料)
ワンデーパス&ひよこパス利用可
雨天利用不可


カドケシ型トロッコライドに搭乗
レバーをぎっこんばっこんすることで、ライドは進みます

ところで、皆様は
「追う立場」 or 「追われる立場」
どちらが好きですか?
グッジョバ後3
のりゅは「追い詰める立場」
大好きです♪

その相手が娘達ならば
愛情→🔥激情バーニング🔥


ただし、カドケシとろっこへ乗る前
スタッフの方から、前を走るライドへ
ぶつけないようにとの注意説明がありました
なので、娘達を追い詰めて
煽るのが楽しみの限界
でした
よって、のりゅ的には、長野県北佐久郡にある遊園地
「池の平ファミリーランド(紹介記事へ)」
同内容のアトラクション、のろっこの方が楽しかったです
グッジョバ後4
えんぴつタワー
利用条件 身長110cm以上
身長120cm未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回400円
ワンデーパス&ひよこパス利用可
雨天利用不可


えんぴつ型タワーに付いているライド(イス)に乗り
手元のロープを引っ張ると9mの高さまで上昇可能です
ロープを放すと急下降…はせず
ゆっくりと下降
します

下降速度が遅いのは若干残念ですけれど
なかなか楽しいアトラクションです
娘達の力でも協力すれば、ゆっくりですが
ライドを持ち上げ続け頂上まで行くことが可能でした
のりゅ(大人)が引っ張れば、より多くの回数
頂上まで到達→落下を楽しむことができました
グッジョバ後5
くるくるコンパス
利用条件 身長90cm以上
身長120cm未満は、保護者の同伴が必要
(大人は1台につき1名まで)
利用料金 1人1回400円
ワンデーパス&ひよこパス利用可
雨天利用不可


アトラクション中央が回転
自転車の要領でペダルを漕ぐとライドが上昇します
グッジョバ後6
「アイツラ、楽しそうだな~」と思ったくらいしか
思い出がありません
グッジョバ後7
ちえくらべ「たまゴロー」
利用条件 3歳以上
6歳未満は、保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回600円
ワンデーパス利用可、ひよこパス利用不可
雨天利用不可
備考 開園時間より30分毎にスタート


日本初となるアトラクション4機種の内の1つです
グッジョバ後8
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像が、高さ8mのアトラクション会場
ちえくらべ「たまゴロー」です
巨大ボールコースター型アトラクションとのことですが
上部へ登ったり降りたりするアスレチック要素もあります

ちえくらべ「たまゴロー」は、まず受付を済ませると
※赤チームと青チームで分けられます
(※最大70名参加できる)
全長560mのコースには、ボールが常時転がっています
そのボールのコースを分岐させ、ミニゲームをこなしたり
運んだりすることによって得点が加算されます
まぁ~詳しくは後述いたします
グッジョバ後9
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達家族は、青チームでプレイすることになりました

上画像は、開始前のノリノリの体操(ポージング?)です
掛け声は「ぐるぐる~たまゴロ~」だったかな?

上画像左に注目ください
マイハニー(37歳女性)は
ハイテンションでノリノリ
でした
グッジョバ後10
(上画像は、拡大表示可能です)
加点方法①
ぶんぐスイッチを押す→ボールを分岐→
スイッチ・リングが反応→ミニゲーム開始→
ミニゲーム結果によって加点

グッジョバ後11
1枚の画像で加点方法①の仕組みを説明します
上画像赤枠部分の長女が、ぶんぐスイッチを押し
上画像赤枠部分の見知らぬ男の子がミニゲームをプレイ
結果に応じて加点されるという仕組みです
グッジョバ後12
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、ミニゲームの一部です

ミニゲームは、全部で24種類!
どれもが、ぶんぐスイッチを押さないと開始できません
ぶんぐスイッチを探し出す…といった行動も
ちえくらべ「たまゴロー」における遊びです
グッジョバ後13
(上画像は、拡大表示可能です)
加点方法②
むらさきボールを運ぶ
グッジョバ後14-1
(上画像は、拡大表示可能です)
加点方法②は、ちえくらべ「たまゴロー」(高さ8m)を
登って降りてを繰り返し、各所の仕掛けをいじって
むらさきボールを運びます
体力勝負の加点方法ですね

加点方法①&②で、両チームの参加者が
頑張りまくって加算し続け、残りタイムがゼロになると
スタッフの方のアナウンスより
受付してからチーム分けした広場へ戻ることになります
グッジョバ後16
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅは、写真撮影していただけですが
娘達、マイハニー、参加者の方々が
頑張った結果、※青チームが勝ちました

(※ちえくらべ「たまゴロー」は
勝ったチームの「ひらめきの花」が咲きます)

ほとんど労力を使わず
勝利の美酒だけ味わえました♪

グッジョバ後17
ひらめキッズ
利用条件 3歳~小学生
※保護者の同伴が必要
※3歳未満は、3歳以上の子供と一緒なら利用可
利用料金 1人1回400円(保護者は無料)
ワンデーパス&ひよこパス利用不可
雨天利用可
備考 45分入れ替え制


「コクヨのえほん」をテーマにした
お子様向けの遊び場とのことです
5つの絵本をテーマにしたキッズスペースで
けっこう凝った内容でした
グッジョバ後18
①ゾーンモチーフ 立体ぬりえワークブック

オブジェは、自由にお絵描きできます
グッジョバ後19
(上画像は、拡大表示可能です)
②ゾーンモチーフ 凸凹(でこぼこ)ぬりえ

上画像上左のオブジェに紙を当てて
色鉛筆で擦ると絵が浮かび上がる仕掛けになってます
グッジョバ後20
(上画像は、拡大表示可能です)
③ゾーンモチーフ かおノート

かおのパネルに、マグネット式のパーツを貼り
自由に顔を作成して遊べます
グッジョバ後21
(上画像は、拡大表示可能です)
④ゾーンモチーフ たのしい工作

オブジェに、窓やドアのパーツを貼り付け
家を作成して遊べます
グッジョバ後22
(上画像は、拡大表示可能です)
⑤ゾーンモチーフ おえかき美術館

絵を描きます
上画像左の長女が居る辺りに
スキャナーが設置されています
絵を読み込むと壁に設置されている
額縁(モニター)に映し出されます

ひらめキッズは、未就学児~小学校低学年くらいの
お子さんだったら夢中になるアトラクションですね
あしげに通えば素晴らしい知育効果が
期待できるかもしれません
グッジョバ後23
キャンパスチャレンジ
利用条件 小学生以上
利用料金 1人1回800円
ワンデーパス利用可、ひよこパス利用不可
雨天利用可


キャンパスノートの製造工程がわかる
7つのゲームをチャレンジします
初級・中級・上級と難易度の選択が可能
チャレンジできる人数は、1~3人
7つのゲームをこなしたのち、最後に
チャレンジャーの集中力や洞察力といった能力を
得点として換算して教えてくれます

しかし、アトラクション名称
キャンパス(大学)チャレンジ(挑戦)とは…

のりゅは、※Fランク大学卒です
(※学費を払う意味はあるのか?
高卒で働いたほうが有意義と言われる大学)
受験、在学中、就職活動等…
チャレンジした記憶がありませんな!

グッジョバ後24
(上画像は、拡大表示可能です)
工程(ゲーム)① 紙の倉庫

上画像赤枠部分のモニターに、数字が表示されます
チャレンジャーは、室内に大量に設置されている
数字入りボタンから
モニターに表示された数字と一緒のモノを
制限時間内に全て探し出し押さねばなりません

マイハニー、長女、次女のチャレンジャー3名は
工程(ゲーム)①、失敗でフィニッシュでした
グッジョバ後25
工程(ゲーム)② ロール紙回し

室内のロールを制限時間内
止めることなく回し続けるミッションです
9つあるロール1つ1つにタイムが表示されていて
ロールを回せず止まっているとタイムが減少
ゼロになってしまうと失敗です

工程(ゲーム)②、マイハニー達は失敗でフィニッシュ
グッジョバ後26
工程(ゲーム)③ 紙を印刷

巨大ロールに乗って終着点にあるボタンを押します

マイハニー達、この工程が初成功でした
グッジョバ後27
工程(ゲーム)④ ロール紙カット

アイーンをしているわけではなく
巨大モニターに表示された紙をタイミングを見計らって
カットしているのです
グッジョバ後28
3名中、長女だけが成功
喜び方がオーバーリアクションでした

工程(ゲーム)④としては失敗です
グッジョバ後29
工程(ゲーム)⑤ 表紙をつける

床パネルの光が、上画像赤矢印方向
チャレンジャーに向かってきます
光が、チャレンジャー前のパネルに来た時
飛び乗ればミッション成功です

明らかに飛び遅れていた人がいました!
母娘の絆
その程度の低さが分かりますね~☆
グッジョバ後30
(上画像は、拡大表示可能です)
工程(ゲーム)⑥ バランスのりづけ

揺れる床とボールコースが連動しています
ボールを落とさずゴールまで運ぶのがミッション内容です
グッジョバ後31
(上画像は、拡大表示可能です)
工程(ゲーム)⑦ 最終チェック

モニターにポーズが表示されます
チャレンジャーは、同じポーズのとり
(一定時間)粘らねばなりません
グッジョバ後32
(上画像は、拡大表示可能です)
張り切りすぎた長女は、バランスを崩して転倒しました
グッジョバ後33
マイハニー、長女、次女のチャレンジは失敗に終わりました
グッジョバ後34
その後、のりゅも娘達をパートナーとしてチャレンジ

マイハニーを先にチャレンジさせ、学習した結果…
失敗に終わりました
グッジョバ後35
(上画像は、拡大表示可能です)
失敗に終わりましたけれど
※マイハニーには、勝ちました♪
(※上画像左、マイハニーチームの成績
上画像右、のりゅチームの成績)

絶対に負けられない人物に
勝ったのだから無問題!!

のりゅのプライド・メンツは
保たれました☆


今回記事にて紹介するアトラクションは以上ですが
ひらめキッズ、キャンパスチャレンジのある
「ぶんぐファクトリー」には
グッジョバ後36
ワークショップスペース「ひらめきラボ」
設けられています
グッジョバ後37
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達が、遊びに行った時に開催されていた
※ワークショップです
(※ワークショップ4種類中1種類)

ぶんぐファクトリーで開催されるワークショップは
文具関連の工作です
利用条件、利用料金、受付時間は
メニューによって異なるみたいです

のりゅ達は、スルーしちゃいましたけれど
興味を惹かれた方は、公式HPにて情報を確認したのち
よみうりランドへ遊びに行ってくださいませ

といったところで、今回の回顧録終了です

よみうりランド
次回へ続きます☆
スポンサーサイト



コメント
コメント
よみうりランド楽しそうですね。
ただ乗るだけではなく、遊びながらアクティビティをするところがいいですね。
パルパルはただ乗って回るだけのものが多くて大人は飽きますw
来年、下の娘が小学生に入学するので、運動会の振り替え休日に行く予定です!混んでるかな…
2017/11/11(土) 17:41:11 | URL | たれ~ #- [ 編集 ]
お久しぶりです、コメントお待ちしてました
お久しぶりです
コメントお待ちしてました

よみうりランドは、凝った内容のアトラクションが多いです
さらに、絶叫からお子様向けまで、幅広くそろっています
今後お送りする回顧録も参考にされて
ぜひ遊びに行ってみてくださいませ

10時の開園と同時に、グッジョバ!!エリアで遊び始め
一通り体験する頃には、14時頃になってました
のりゅ達は、最初にスプラッシュUFOに行ったので
待ち時間は無しでしたけれど屈指の人気アトラクションだけあって
昼くらいの待ち時間情報を見ると1時間待ちとかになってました
(カスタムガレージは、30分待ちくらい)
混雑する休日だと数時間待ちなんてこともあるそうです
うまく立ち回る計画を練っておくことを推奨します
平日に遊びに行けるのなら、その方が絶対良いかと…
2017/11/12(日) 16:43:53 | URL | のりゅ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.