FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
二本ヶ谷公園(+鶴山公園・染地公園)へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第706弾は、静岡県浜松市浜北区にある
「二本ヶ谷公園(+鶴山公園・染地公園)」です
二本ヶ谷公園1
上画像は、今回記事のメイン舞台となる
「二本ヶ谷公園」の看板です
いつもなら公園看板と一緒に
娘を写真撮影するところなのですが
上画像を写真撮影した際
同行していた長女を
公園看板や遊具まで強制移動!
…させることをためらう状況
でしたので
公園名に因んで、自身の2本指でピースをしつつ
写真撮影しました

2017年12月某日、のりゅは長女と2人
静岡県浜松市浜北区染地台の新興住宅地
通称「きらりタウン」内に整備された公園を目的地として
八丁谷7
※新境地である
父娘サイクリング公園巡りをしました
(※詳細を知りたい方は、クリック先の回顧録を読んでね)
二本ヶ谷公園1-1
(上画像は、拡大表示可能です)
染地台(通称「きらりタウン」)マップです

※染地台の公園巡りに関連して
皆様にお伝えしたいこと(全部で5つ)

全て発表しました
(※クリックすると染地台公園巡り初回の回顧録へ)
でも、染地台の公園を舞台とする回顧録は

のりゅ仙人「最終回じゃないぞよ
もうちっとだけ続くんじゃ」


今回記事を含め、あと2回続きます

今回記事は、のりゅから皆様へ
2018年お年玉企画第1弾ということで
上画像マップ赤枠部分の二本ヶ谷公園
上画像マップ黒枠部分の「鶴山公園」
上画像マップ青枠部分「染地公園」

3つの公園遊具情報を
1回の回顧録にてお送りしちゃいます!


今回記事を読んだ皆様に
「このブログの管理人
サービス精神ありすぎぃ~!
太っ腹すぎぃ~!!」とか思われちゃうと
困っちゃいますね~

ホントに困っちゃいますねぇ…

二本ヶ谷公園
(+鶴山公園・染地公園)


訪問先基本情報

駐車場 ありません

二本ヶ谷公園所在地
〒434-0045 静岡県浜松市浜北区内野台4丁目41-5

鶴山公園所在地
〒434-0046 静岡県浜松市浜北区染地台1丁目41-17

染地公園所在地
〒434-0046 静岡県浜松市浜北区染地台1丁目24

電話 管理団体がわかりません

今回記事のメイン舞台となる
二本ヶ谷公園の正確な所在地は、染地台の隣の地区
静岡県浜松市浜北区内野台であり
正確なことを書くのなら染地台の公園ではありません

駐車場こそありませんが、二本ヶ谷公園は
2016年に整備されたばかりの新しい公園です
設置されている遊具はピッカピッカのモノばかりでした
そのラインナップは
二本ヶ谷公園2
滑り台

前回記事(クリックにて、前回記事へ)でも書きましたが
我が家の娘達に共通する特技
馴染みのない場所でも
遊び相手を見出せるというモノ
があります

長女は、二本ヶ谷公園でも
見知らぬ男の子2名と意気投合、一緒に遊んでいました
回顧録序文冒頭で書いた
同行していた長女を
公園看板や遊具まで強制移動!
…させることをためらう状況①
です
二本ヶ谷公園3
ブランコ
二本ヶ谷公園4
砂場
二本ヶ谷公園5
前後にシェイクして楽しむ遊具「ロッキンポニー」

遊具名が側面に書かれていました
二本ヶ谷公園6
前後にシェイクして楽しむ遊具「ロッキンベアー」

こちらも遊具名が側面に書かれていました

二本ヶ谷公園に設置されている
子供が遊ぶ目的の遊具は以上ですが
二本ヶ谷公園7
あと4基健康目的のアスレチックが設置されてます

可能な限り果たしたい
のりゅのこだわりの1つ

ブログ掲載する公園看板や遊具の写真は
娘が写っていること!
というモノがあります

「『こどもとおでかけ』をテーマとしているだから
娘が写っているほうが望ましい…」程度の
まぁ~絶対のこだわりではないのですが
こだわりを果たせない場合は
のりゅの心はちょっとモヤモヤ
します
二本ヶ谷公園8
(上画像は、拡大表示可能です)
同行していた長女を
公園看板や遊具まで強制移動!
…させることをためらう状況②
です

長女は、二本ヶ谷公園にてお散歩休憩中だった方へ
「ワンちゃん、触っていいですか?」と声をかけ
許可をもらったのち
ワンちゃんとのふれあいを楽しんでいました

普通の感性を持つ親ならば
上画像のような我が子の姿を見れば
微笑ましい気持ちになるでしょうねぇ~

のりゅは、こだわりを
果たせず歯ぎしりするほど
はがゆい気持ちで眺めてました


この時、まだまだ巡る予定の公園がありました
予定外に、二本ヶ谷公園へ
長時間滞在することになってしまいましたがゆえ
長女入りで公園看板や遊具の写真撮影することを諦め
次の目的地な公園を目指しました
鶴山公園1
上画像は、鶴山公園の公園看板です

鶴山公園に設置されている遊具は
鶴山公園2
滑り台のみ!



…のみなのですが
鶴山公園3
手押しポンプが設置されてます

水を噴射して遊ぶことが目的で
設置されたのではないでしょうけれど
鶴山公園4
のりゅ程度の力の男性なら上画像な勢いで噴射できます
夏場なら水遊びして楽しめそうですね
染地公園
上画像は、染地公園の公園看板と園内の様子です

染地公園には遊具がありませんでした



回顧録序文にて
今回記事を読んだ皆様に
「このブログの管理人
サービス精神ありすぎぃ~!
太っ腹すぎぃ~!!」とか思われちゃうと
困っちゃいますね~
と書きました

皆様、のりゅが困っちゃう理由が
分かりましたですかぁ~?


といったところで、今回の回顧録終了です

二本ヶ谷公園(+鶴山公園・染地公園)
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.