FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
内野公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第708弾は、静岡県浜松市浜北区にある
「内野公園」です
内野公園1
2017年12月某日、のりゅと長女は
静岡県浜松市浜北区内野台の公園を巡るべく
八丁谷7
※新境地である
父娘サイクリング公園巡りをしました
(※詳細を知りたい方は、クリック先の回顧録を読んでね)

「どういうことだ!?サイクリング公園巡りは
最終回じゃなかったのかよ!」なんて思われた方
もしも、そんな方がいらっしゃるのだとしたら
アナタは、当ブログを愛読しすぎですね
ありがとうございますぅ~☆

前回記事(クリックにて、前回記事へ)にて
のりゅは、静岡県浜松市浜北区染地台の新興住宅地
通称「きらりタウン」の父娘サイクリング公園巡り回顧録が
最終回なのだと書きました

今回記事からは
父娘サイクリング公園巡り新章なのです!

染地台(通称「きらりタウン」)隣の地区
内野台を舞台とした
父娘サイクリング公園巡り回顧録が
スタートしちゃいまぁ~す♪

そして、新章初回の回顧録でお送りするのが
今回記事の舞台「内野公園」でございます~

内野公園

訪問先基本情報

駐車場 ありません

所在地 〒434-0045 
静岡県浜松市浜北区内野台3丁目13

電話 管理団体がわかりません


内野公園2
(上画像は、拡大表示可能です)
静岡県浜松市浜北区内野台マップです
内野公園は、上画像マップ赤枠部分です

内野公園に設置されている遊具の情報をお届けする前に
内野台という地区について説明します

内野台は、※第700弾~第707弾(第700弾へ)
※回顧録の舞台となった
静岡県浜松市浜北区染地台の新興住宅地
通称「きらりタウン」隣の地区地名です
(※舞台となったのは公園ですが…)
かつては「浜名ニュータウン」と呼ばれる新興住宅地でした
今は、新興ではない単なる住宅地ですね
内野公園3
内野台は、台地の傾斜地に開発された住宅地であるため
起伏に富んでいる地区です
内野公園4
上画像は、内野台メインストリートの坂道です

坂を下るだけなら楽ですけれど
内野台に整備された
公園全てを巡る計画を立案・構築!

計画を遂行したがゆえ
上画像な坂道を何度も上り下り
しました!

38歳ブログ管理人は
まだ見ぬ公園を求める冒険心
皆様に公園情報をお届けする
使命感をバーニング
させて
ものすごく頑張ったことを
ご理解くださいませ!

拍手ボタンをいっぱい押して
さらに、賞賛のコメントを頂ければ幸いです

ちなみに、この時が初サイクリングであり
※染地台の公園で見知らぬお子さんと意気投合
遊んで体力を消耗していた長女
には
内野台の公園巡りは、相当しんどかったようです
(※クリックにて、参照記事①へ)
(※クリックにて、参照記事②へ)

長女は「疲れた…」「帰りたい…」
「パパは、休んでたからいいよね…」
不満不平ばかり漏らしていましたね~

上記赤字の不満不平に関しては
染地野鳥2017-4
(上画像は、染地台のとある公園で撮影したモノです)
※長女の勝手な提案で、のりゅが
見知らぬ少女3名の
荷物監視役の担うことになり
身動きがとれなくなった結果、否が応にも
休まざるを得なかった
のですけれど
(※クリックにて、参照記事へ)

さて、内野台の公園巡りが過酷なこと
のりゅが燃えに燃えながらチャリを漕いでいたこと
長女が疲れて文句ばっかり言っていたことを
皆様に、ご理解いただけたでしょうから
内野公園に設置されている遊具を紹介しますね

内野公園に設置されている遊具は
内野公園5
チェーンネットクライム
内野公園6
小型のシーソー
内野公園7
鉄棒
内野公園8
雲梯
内野公園9
ブランコ
内野公園10
砂場、滑り台

滑り台は、滑る部分がステンレス製と思いきや
内野公園11
ローラー式でした

といったところで、今回の回顧録終了です

内野公園
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.