FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
鳥羽湾めぐりの遊覧船へ乗船
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第727弾は、三重県鳥羽市のマリンレジャー
「鳥羽湾めぐり」です
鳥羽湾めぐり1
2017年の年末、のりゅは娘達を引き連れ
三重県の定番観光地である伊勢・志摩方面のスポットを
目的地とした旅行をしちゃいました

旅行初日の目的地は
回顧録第714弾~第718弾(クリックにて、第714弾へ)
舞台となった三重県志摩市のテーマパーク(遊園地)
「パルケエスパーニャ」
回顧録第719弾&第720弾(クリックにて第719弾へ)
舞台となった同市内の水族館「志摩マリンランド」でした

旅行2日目、三重県志摩市→三重県伊勢市と移動
回顧録第721弾(クリックにて、第721弾へ)の舞台となった
「夫婦岩」&「二見興玉神社」を朝早く観覧・参拝
回顧録第722~第725弾(クリックにて、第722弾へ)
舞台「伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス」
12時頃退館したのち、マイカーへ速やかに戻り
※三重県伊勢市→三重県鳥羽市へ速やかに移動
今回記事の舞台な
マリンレジャー「鳥羽湾めぐり」
その13時出発の遊覧船へ乗る予定でした
(※伊勢シーパラダイス⇔鳥羽湾めぐり乗場の距離は
約8km、車+徒歩15分ほどです)

そんな時間的余裕が潤沢でない状況で
回顧録第726弾(クリックにて、第726弾へ)の舞台
「夫婦岩ショッピングプラザ」内の屋内遊戯施設
「Kid's US.LAND 伊勢シーパラダイス店」
15分間遊んでしまったため
マイカーへダッシュ!
三重県伊勢市→三重県鳥羽市へ
急行なスケジュール
となってしまいました
鳥羽湾めぐり2
鳥羽湾めぐりの遊覧船乗場の1つ
「鳥羽マリンターミナル」ギリ間に合いました

「遊びは最優先!」
「朝食をとらず遊ぶのは基本!」

「休憩は遊べる時間を
無駄に消費する愚行!」


おでかけ時は上記が基本方針の自分
さすがのさすがに疲労過多状態でしたので
行きの遊覧船は少々休むことにしました

とはいえ、のりゅは前記したとおり
※休憩=愚行
(※遊んでいる時限定)

なんて考えの持ち主です
座席に腰を下ろし休んでいると
「船内探検したい!」
「展望デッキへ行きたい!」との
衝動に苛まれ続けまして
体はともかく
心はちっとも休むことができませんでした
鳥羽湾めぐり2-1
リラックスすることなら
超一流の方(長女)
を見習いたくとも
のりゅは、不向きな性分なんでしょうね~

鳥羽湾めぐり
(公式HPへ)

浜松浜北IC付近からの距離 241.5キロ(片道)

到着目安 3時間15分

高速料金 5890円(伊勢西IC有料道路出口降車の場合)
※2018年2月時点

駐車場 「佐田浜有料駐車場」
第1駐車場(7:00~20:15) 265台
第2駐車場(24時間営業) 378台
第3駐車場(24時間営業) 143台
基本料金:500円(1800円)/2時間
追加料金:2時間以上5時間迄 250円(400円)/1時間
       5時間以上 150円(250円)/1時間
※1時間以内の出庫は無料
駐車場所在地 〒517-0011 
三重県鳥羽市鳥羽1丁目2383-42
0599-25-4834(管理事務所)

所在地 〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽1丁目2383-51
※鳥羽マリンターミナルの所在地

電話 0599-25-3145(鳥羽営業所)

定休日 公式HPにて確認推奨

各乗場の出港時間 
9:00~16:00の間で、1時間に1回、もしくは2回
※公式HPにて時刻表の確認推奨
※最終便は「イルカ島」へ入島不可

乗船料金 中学生以上1800円、小学生1000円
※幼児は大人1名につき1名無料


鳥羽湾めぐり3
(上画像は、拡大表示可能です)
鳥羽湾めぐりは、そのマリンレジャー名称通り
鳥羽湾を周遊する遊覧船です
遊覧船で周遊して乗った場所へ
帰ってくるまでの所要時間は約50分
です

鳥羽湾めぐり遊覧船は
三重県鳥羽市にある国内有数の水族館
「鳥羽水族館(紹介記事へ)」付近の遊覧船乗場
「真珠島・水族館前のりば」
のりゅ達が乗船した「鳥羽マリンターミナルのりば」
どちらかから乗ることができます
鳥羽湾めぐり3-2
ちなみのお話、のりゅ達のお目当て
鳥羽湾を遊覧することではなく
寄港地であるイルカ島でした
イルカ島は、次回以降お送りする回顧録の舞台です
鳥羽湾めぐり4
遊覧船は3種類あります

のりゅ達が行きも帰りも乗船した「フラワーマーメイド」
鳥羽湾めぐり5
「竜宮城」

あと1種類は「みつしま」という小型遊覧船とのことです
鳥羽湾めぐり5-1
(上画像は、拡大表示可能です)
少々休んだ自分は、船内探検をしました
船内、展望デッキには人魚やバーテンや歌手の人形
望遠双眼鏡(有料)が設置されていました
鳥羽湾めぐり6
上画像は、行きの鳥羽湾
鳥羽湾めぐり6-1
上画像は、帰りの鳥羽湾です

のりゅは景観を楽しむよりは
何かをして遊びたい年頃(38歳)
です
鳥羽湾めぐり7
カモメ相手にエサやりをしている
見知らぬ親子を見かけまして
のりゅもチャレンジしてみることにしました
鳥羽湾めぐり2-1
のりゅが、カモメのエサやりチャレンジ決定した時
「リラックマ」より
リラックス上手な御方(長女)

長女と次女は、船内で3DSに励んでいました
のりゅは、1人秘密裏に
カモメのエサやりを開始しました

鳥羽湾めぐり8
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像赤枠部分のように
かっぱえびせんを手の平に置いて待っている

カモメは、のりゅに接近したのち食べてくれました
鳥羽湾めぐり9
かっぱえびせんは、遊覧船の売店で購入可能です
もちろん持参した方が安いですけれど…
鳥羽湾めぐり10
娘達に勘付かれました…

「普段クソ鈍感なくせに
こういう時だけ直感を
働かせやがってぇ~!」


のりゅは、心の中で舌打ちをしました

「パパ、ずるい」と娘達に見つかった時
残りのかっぱえびせんを
全部海にぶちまけたのち
「エサはゼロで~す♪」と
告げるアイディア

のりゅは、瞬時に発案しました
我ながら素晴らしい発案力だと思いましたね~☆

しかし、上記アイディアは
自分が楽しめる点では
素晴らしい効果を見込めても

環境を汚してしまうという負の効果がありました
よって、アイディアは廃案となりました

アイディアを実行できたのなら
娘達の表情&言動を
最高に楽しめたでしょうに
残念無念です…(哀)


といったところで、今回の回顧録終了です

次回は鳥羽湾めぐりの寄港地
イルカ島が舞台の回顧録となります☆
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.