FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
だるま山高原レストハウスへ二十数年ぶりに再訪
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第747弾は、静岡県伊豆市にある
「だるま山高原レストハウス」です
だるま山1
2017年2月某日、のりゅは娘達を引き連れ
「おでかけ仲間(紹介記事へ)」
TAKA君鋼鉄君に同行して頂きまして
静岡県伊豆市へ遊びに行ってきました

静岡県伊豆市の最初の目的地は
回顧録第744弾~第746弾(クリックにて、第744弾へ)
舞台となった「自転車の国サイクルスポーツセンター」

次の目的地は、同市内にある「虹の里(公式HPへ)」
遊びに行くことを計画してました
しかし、自転車の国サイクルスポーツセンターで
とっても遊びすぎちゃいまして
退場した時間は15時過ぎになってしまいました

「この時間帯から虹の里へ向かって
入場したとしてもロクに遊べんな…」と考えた自分は
目的地を変更、同市内にある今回記事の舞台
「だるま山高原レストハウス」目指して
車を走らせました

ここから書くのは、今から二十数年前の話です

当時、高校生だった自分とTAKA君は
鋼鉄君主導の
サイクリング旅行へ参加
しました
出発地より走ること約150km
辿り着いたのは
伊豆修善寺の温泉街でした


サイクリング旅行メンバーが
伊豆修善寺の温泉街で最初にとった行動は
この日寝泊りする場所の探索でした
探していたのは、旅館やホテルではなく
キャンプ場でした

キャンプ場の情報自体は
「ここから20分くらいだよ」

労することなく温泉街で教えてもらえました
サイクリング旅行メンバーは
キャンプ場へ目指して自転車を走らせました
だるま山2
(上画像は、伊豆修善寺温泉街→キャンプ場の山道)
(上画像は、拡大表示可能です)
伊豆修善寺の温泉街から
標高約620m位置にあるキャンプ場までの
道程約10kmは山道(上り坂)
でした…

上記を読んでもらえれば察していただけると思いますが
伊豆修善寺の温泉街から
キャンプ場まで約20分と入手した情報は
車で行けばの目安だった
のです
だるま山3-1
(上画像は、拡大表示可能です)
サイクリング旅行メンバー中
標高約620m位置にあるキャンプ場までの
道程約10kmの山道(上り坂)を
1度も自転車を降りることなく走破したのは

社会人になった将来
南米、オーストラリア、台湾
海外サイクリング旅行を計画
ソレを実現させちゃった鋼鉄君

だけでした

のりゅやTAKA君を含めた
他の旅行メンバーは
自転車を押しながら山道を歩き
精根尽きかけ辿り着いたキャンプ場こそが
だるま山高原レストハウスが管理運営する

「だるま山高原キャンプ場(公式HPへ)」
だったのです

つまり、2018年2月某日
だるま山高原レストハウスへ訪れたこと
静岡県伊豆市へのおでかけメンバーのうち
娘達を除いた大人組3名にとっては
二十数年ぶりの再訪だったのでした…

だるま山高原レストハウス
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 153キロ(片道)

到着目安 2時間35分

高速料金 3240円
※長泉沼津IC降車で3140円
有料道路、熊坂IC降車で100円

駐車場 50台 無料

所在地 〒410-2417 静岡県伊豆市大沢1018-1

電話 0558-72-0595

定休日 火曜日

営業時間 10:00~17:00(4月~9月)
       10:00~16:30(10月~3月)


だるま山4
上画像の白い建物が、だるま山高原レストハウスです
レストハウス内には、レストラン
土産物を取り扱う売店があります
ちなみに、駐車料金は無料です
だるま山5
上画像は、だるま山高原レストハウスのテラス
ウッドデッキ仕様の展望台です

回顧録第744弾~第746弾(クリックにて、第744弾へ)
舞台となった自転車の国サイクルスポーツセンター
遊び疲れていたらしい我が家の長女は
イス付テーブルを占領
「疲れた~」と言って寝そべり休憩していました

「あの程度の遊びで『疲れた』だとぉ~
ふがいなさすぎるわっ!
父とTAKA君は昔、体力の限界状態で
だるま山の地面へ寝転がったのだぞ!」

(↑長女の姿を見た38歳父親の心中の叫び)
だるま山5-1
ちなみのお話、二十数年前
寝転がった自分の視界に映っていたのは
余力ありな上画像の御方(鋼鉄君)
でした

当時の彼は、旅行メンバー全員を迎えたのち
「キャンプ場の受付を済ませてくるね」と言って
300mほど離れた場所にある
だるま山高原レストハウスへ1人自転車を
軽快に走らせたのでした
だるま山6
(上画像は、拡大表示可能です)
だるま山7
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像の眺望
※1914年、ニューヨーク万博に出展
世界で評価された景色
です
(※「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
していただいている
「ちょこっと日帰り旅行~伊豆の田舎より~
(クリックすると上記のブログさんへ飛びます)」
さんの
記事を読んで知ったことです)

よって、めっちゃ絶景なはずなのです
もしも上画像を見て
「そうなの…?コレが本当に…?」なんて
思ってしまった方は


①撮影した日が好天ではない
②カメラの性能がたいしたことない

③撮影者の腕が悪い

③の要因が主な原因だと
理解・納得してくださいませ
だるま山8
(上画像は、拡大表示可能です)
④富士山が見えなかった

3つ前と2つ前の掲載画像を見て
めっちゃ絶景だと思えなかった方
④の要因も多少は関係あるかもしれません…
皆様が訪れる時は、富士山が見えるといいですね
だるま山9
(上画像は、拡大表示可能です)
展望台からの景色を撮影したのち
名物「黒米ソフト」を食してみました
普通のソフトクリームとの違いは
のりゅの舌の技量が、カメラ撮影技量と 
同レベルなので判別不能
でした
黒米ソフトは、君自身の舌で
確かめてくれ!!


といったところで、今回の回顧録終了です

だるま山高原レストハウス
興味を惹かれましたら、ぜひ訪れてみてね☆
スポンサーサイト



コメント
コメント
のりゅさん、こんばんは(#^.^#)

せっかく「だるま山高原レストハウス」に行かれたのに、だいぶ霞んだ状態でしたね(^_^;)
富士山だけでなく、淡島もほとんど見えない状態。
景色がクリアに見えれば、ご存じの通り、もの凄い絶景なんですが…。

WEB上のライブカメラで富士山が見えるかどうか確認してから行くのが理想ですが、なかなかそうもいかないかな。

これに懲りず、ぜひ富士山が見える時を狙ってまたいらしてくださいね。
特に冬がおすすめです🗻
2018/03/20(火) 19:01:29 | URL | はなみづき #- [ 編集 ]
はなみづきさんへ
コメントと記事を書く際、参考にさせていただきました
ありがとうございました

やっぱり景色を望む条件は悪かったんですね、残念…
この時行けなかった「虹の郷」へ足を運ぶ機会があったら
再々訪問してみます
2018/03/21(水) 17:57:02 | URL | のりゅ #- [ 編集 ]
虹の郷、いいですよ(^_^)
大人向けでもあり、小さい子向けでもあり。
その中間はダメなんだけど ( 。-_-。)

ただやっぱり、
たっぷり時間のあるときじゃないともったいないね。
またこんどだね。
2018/03/21(水) 21:02:26 | URL | おでかけ親父 #- [ 編集 ]
親父さんへ
コメントありがとうございます

「だるま山レストハウス」へ行った時「虹の郷」の前を通り過ぎたんですが
「くっ…!時間さえあれば…」と悔しい気持ちになりました
100mの滑り台付複合遊具「インディアン砦」は、かなり興味ありなので
いつの日か行きたいです
2018/03/22(木) 02:40:07 | URL | のりゅ #- [ 編集 ]
自転車の国サイクルスポーツセンターと虹の里は残念ながら
行った事がありませんが、だるま山レストハウスは何回か寄りました。
私達もあそこからは富士山を見た事はありません。(相性悪し)
だるま山レストハウスの近くにだるま山の頂上に上がる登山道が有ります。
天気が良ければ最高な場所なので、お勧めです。
30分くらい掛かりますが、お子さんでも大丈夫だと思います。
2018/03/26(月) 08:19:49 | URL | ダブルセブン #- [ 編集 ]
ダブルセブンさんへ
コメントありがとうございます

ご立派な御二方が何回行っても富士山を見たことがないとなれば
マイハニーの「アンタの普段の行いが悪いから…」な説は
まったく関係ないことが証明されましたね!
また機会があれば富士山が見えることを信じて再訪してみますね
2018/03/27(火) 20:03:26 | URL | のりゅ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.