FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
養老ランド 施設概要・前編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第764弾は、岐阜県養老町にある
「養老ランド 施設概要・前編」です
養老ランド施設1
2018年桜の舞い散る頃のことでした
のりゅは、娘達を引き連れ
岐阜県養老町にある今回記事の舞台となる遊園地
「養老ランド(ようろうランド)」へ来園しました
養老ランド施設2-1
遊園地名が素晴らしいですね~♪
養老町にあるから養老ランドなんでしょうけれど
シンプル、捻りな要素ゼロ
昔ながらの遊園地であることを
名前だけでイメージできてしまうことが
のりゅ個人の嗜好としては堪りません♡

それに加えて
今回記事トップ画像の入園ゲート外観
上画像の古びた看板を見て
※昭和な雰囲気の遊園地を愛する自分
「ウルトラグレートスーパーハイパー
ワンダーミラクルエクセレントっ!!」と
唸らさせられてしまいました♡

(※クリックにて、のりゅの古き良き遊園地への愛が
偽りでないことを理解できる回顧録へ)


「入園前から我の心を
これほど高揚させるとは…
養老ランド、恐るべしっ!!
これで入園してしまったら
正気を保てるのか…?」


娘達と養老ランド開園を待っている間、のりゅの心は
恐れ、期待、不安等の気持ちで乱れていました
養老ランド入園後、のりゅの心は
もっと乱れまくることになった
のでした

養老ランド
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 159キロ(片道)

到着目安 2時間5分

高速料金 4500円(養老IC降車の場合)
※2018年5月時点、有料道路の合算料金

駐車場 第1駐車場167台、第2駐車場139台
      第3駐車場57台 1日1台300円

所在地 〒503-1255 岐阜県養老郡養老町養老1155-2

電話 0584-32-3456

定休日 火曜日(祝日場合開園、翌日休園)
1月中旬~3月中旬の平日は休園

営業時間 9:00~17:00

入場料 中学生以上600円、2歳~小学生400円

アトラクション回数券 
「のりもの券売場」にて
1000円分まとめ買いで1100円分
2000円分まとめ買いで2300円分を取得
できます

セット訪問候補
養老天命反転地(紹介記事へ) 隣接施設
岐阜県こどもの国(紹介記事へ) 隣接施設


養老ランド施設3
(上画像は、拡大表示可能です)
養老ランドマップです

養老ランドは、1972年開園の遊園地です
駐車料金は1日1台300円
入園料金は、中学生以上600円
2歳~小学生400円

園内はそれほど広くありませんが
27種類のアトラクションで遊べます
養老ランド施設4
(上画像は、拡大表示可能です)
養老ランドのアトラクション一覧です

上画像では、28種類のアトラクションが載っていますが
⑨パターゴルフ
営業終了したアトラクション
なため27種類です

上画像の看板を見ただけでも

①ゲームコーナー ⑰コイン乗物
アトラクションに含めちゃうんだ…」


④&⑪
メリーゴーランドが2つ!?」


⑱ゴーカート『ー(長音符)』
表記が上の方すぎる…」


⑥サイドカー ⑲サイドカーって…
同じアトラクションじゃね!?」


のりゅは驚嘆させられまくりでした
養老ランド施設5
今回記事トップ画像で使用した入園ゲートは
養老ランドの「東入園口」であり
上画像は、養老ランド「中央ゲート」です
こちらは、そこそこ新しいです
繁忙期以外は中央ゲートからの入園となります
養老ランド施設6-1
(上画像は、拡大表示可能です)
養老ランドへ入園、室内エリアに入って直ぐの場所に
養老ランド40周年記念として
40年前のコイン乗物(1回10円)

設置されていました
養老ランドの開園は、1972年
のりゅ達の来園年月日は
2018年4月上旬
です

まぁ~何年間40周年記念をしていようが
施設側の自由
ですものね
のりゅが気になっただけです
ちなみに上画像の
10円電動遊具は10歳以下しか乗れません
養老ランド施設7
上画像は、10円電動遊具の側にある
養老ランドのインフォメーションです
ぬいぐるみで埋もれて
人が入れない状態に
のりゅは驚嘆させられました!

養老ランド施設8
養老ランドにて、現金対応以外の
アトラクションを遊ぶ場合
1000円 or 2000円支払い

のりもの券をまとめ買い
しましょう
1000円→1100円分(100円分得)
2000円→2300円分(300円分得)の
のりもの券を取得
できます
養老ランド施設9
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅは、6000円支払って6900円分の
のりもの券を取得しました

養老ランドの施設概要は以上です
今回記事副題は「施設概要・前編」です
ここからは副題残りの部分ということで
27種類のアトラクション中
8種類を紹介
、思い出を振り返ります
養老ランド施設10
(上画像は、拡大表示可能です)
ゲームコーナー
雨天でも利用可


現金対応のコイン電動遊具、ゲーム等で遊べます
養老ランド施設11
(上画像は、拡大表示可能です)
『アラレちゃん(上画像上左)』だとぉ!!」
ハングオン(上画像下段)じゃん!!」


1980年代の漫画&アニメの電動コイン遊具
1985年発売のアーケードレースゲームが
現役稼動していて驚きました

他にも上画像上右、サンダーブレード(1987年製)
昔懐かしいアーケードゲームやコイン電動遊具が
設置されていました
養老ランド施設12
(上画像は、拡大表示可能です)
ゲームコーナーには、ゲームやコイン電動遊具以外
鉄道ジオラマ(コイン式)があります
養老ランド施設13
プレイポート
利用条件 4歳~12歳
利用料金 1人1周300円
雨天でも利用可


室内アスレチックです
養老ランド施設14
(上画像は、拡大表示可能です)
養老ランド施設15
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、プレイポートのアスレチックの例です

娘達は上画像下段のターザンにハマっていました
1周すると退場する必要があります
娘達は「戻ってもいいよ~」と
施設スタッフの方から助言されました
混雑していなければ逆走OK
みたいです
養老ランド施設16
フォーミュラー1
利用条件 3歳~12歳まで
身長140cm以上は利用不可
利用料金 1人1回200円
雨天でも利用可

養老ランド施設17-1
(上画像は、拡大表示可能です)
汽車&自動車型ライドへ乗り
上画像赤枠のキャラクター!?
養老ランド施設17-3
(上画像は、拡大表示可能です)
コースをぐるぐる回るアトラクションです
上画像赤枠のキャラクター!?

たいしたスリルのあるアトラクションでは
ないはずなのですが
著作権的に大丈夫なのか…?」と
のりゅは不安になってしまいました

養老ランド施設18
メリーゴーランド(屋内)
利用条件 0~3歳は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回200円
雨天でも利用可


2つあるメリーゴーランド①
養老ランド施設19
(上画像は、拡大表示可能です)
電飾が施されており煌びやかなため
屋外にあるメリーゴーランドよりも
利用料金が100円お高い
のです
リッチな気分で乗りたいのならこちらです
養老ランド施設20
メリーゴーランド(屋外)
利用条件 0~3歳は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回100円
小雨なら利用可


2つあるメリーゴーランド②
養老ランド施設21
(上画像は、拡大表示可能です)
利用料金は、1人1回100円
木馬以外にも、ゾウ、キリン、オットセイ等
多数の動物から乗るモノを選べます
養老ランド施設22
(上画像は、拡大表示可能です)
天井部分が剥き出しです

「おおぉぉ!なんか、すげぇ…
剥き出しなメリーゴーランドは見た記憶がないぞぉ…」と
天井部分(の動き)に気を取られた結果
のりゅは、上を向きながら注視しつつ
メリーゴーランドに乗る…という
一般的ではない乗り方
をすることになりました
養老ランド施設23
(上画像は、拡大表示可能です)
トランポリン
利用条件 4歳~10歳まで
利用料金 1人1回200円(5分)


1人1回5分
1面で飛び跳ねていいのは、1人
宙返りは禁止
です

大人は利用できないので、のりゅは5分間
娘達が飛び跳ねたり、寝そべっていたのを
眺めていただけです
養老ランド施設25
チェーンブランコ
利用条件 0歳~3歳は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回200円


遊園地の定番アトラクション、回転ブランコです

「これだけ昔ながらの外観な回転ブランコは
そんじょそこらの遊園地では
お目にかかれないだろうなぁ~」と※嘆息させられました
(※嘆息→嘆いたり感心したりしてため息をつくこと)
養老ランド施設27
オットセイ
利用条件 0歳~3歳は保護者の同伴が必要
利用料金 1人1回100円


のりゅ達の遊びに行った日、終日休止でした
たぶんオットセイ型ライドが回転するのだと思われます
養老ランド施設28
オットセイという名のアトラクションにて気になったのは
上画像のアトラクション看板でした

上画像赤枠部分
「クレジーオットセイ」と書かれてました
「クレジー」で、ググってみても
そんな言葉(英単語?)は見つからず
たぶん「※クレイジー」の間違い
だと思いました
(※クレイジー→頭がおかしい、正気でない
キチガイ、発狂した、常軌を逸した等の意味の語)

「客が困惑することを
狙って書いているのか…?
間違えているだけなのか…?
わかんねぇな…
養老ランド!!
最高に、クレイジーな
遊園地だぜっ!!!」

(↑褒めてます)

のりゅは、上画像の看板を見て
養老ランドのことが、さらに大好きになりました☆

といったところで、今回の回顧録終了です

養老ランド
「中編」へ続きます☆

おまけの情報

今回記事で紹介したアトラクションの1つ
プレイポートの近くにて遊べる
アトラクション以外の遊べる内容を紹介します
養老ランド施設29
(上画像は、拡大表示可能です)
ミニプレイポート
利用条件 4歳までのお子さん
利用料金 無料
雨天利用可


小型の屋内アスレチックです
養老ランド施設29-1
卓球
利用料金 30分400円
雨天利用可

養老ランド施設30
(上画像は、拡大表示可能です)
ちびっこ広場
利用料金 無料(コイン電動遊具は有料)
雨天利用可


ソフトブロック、ぬいぐるみ等で遊べるコーナーです
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.