こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
名古屋港水族館(2018年2月来館) 施設概要・北館編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第787弾は、愛知県名古屋市港区にある
「名古屋港水族館(2018年2月来館)」の
「施設概要・北館編」です
名水2018-1
※今回記事から皆様へお届けするのは
2018年6月現在より4ヶ月以上前
2018年2月におでかけした
愛知県名古屋市港区にあるスポットの数々です
(※回顧録作成が遅れに遅れた理由を知りたい方は
クリックすると参照記事へ飛びます)


愛知県名古屋市港区にあるスポットの数々
その初回の回顧録の舞台は国内有数の水族館
「名古屋港水族館」です
おでかけメンバーは、のりゅ、マイハニー、娘達
※お義父様&お義母様でした
(※クリックにて、御二方の紹介記事へ)

義理の息子(のりゅ)と
お義父様&お義母様は
ちょいちょい一緒に旅行をしたり
日帰りのおでかけをするほど良好です
義理の息子(のりゅ)は
お義父様&お義母様を
ありのままの自分を
さらけ出せるほど
慕っております
マリンライブ19
義理の息子(のりゅ)が
お義父様&お義母様の前で
ありのままの自分を
さらけ出した場面が上画像
です

上画像の無邪気なポージングは
2015年の年末の旅行で遊びに行った
和歌山県西牟婁郡にある
「アドベンチャーワールド(紹介記事へ)」にて
お義母様も近くに居る状況下で
お義父様に撮影してもらいました☆


名古屋港水族館
(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 111.5キロ(片道)

高速料金 3620円
(木場ランプ 有料道路出口で降車の場合)
※2018年6月現在

到着目安 1時間30分

駐車場 ガーデンふ頭駐車場 700台 有料
※30分100円、入庫から24時間ごとに1000円

所在地 〒455-0033 愛知県名古屋市港区港町1番3号

電話 052-654-7080

営業時間 通常 9:30~17:30
       GW・夏休み期間 9:30~20:00
       冬期 9:30~17:00

休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
      GW・7~9月、春・冬休み期間は月曜日、開館
      2月にメンテナンス休館あり

料金 高校生以上 2000円
    小・中学生  1000円
    4歳以上   500円

4施設共通券
(名古屋港水族館付近のスポット3施設とのセット券)
高校生以上 2400円
小・中学生 1200円
※4歳~小学生未満は、水族館のみ有料


名水2018-2
(上画像は、拡大表示可能です)
名古屋港水族館の周辺マップです

名古屋港水族館単館の入館料金は
高校生以上2000円、小・中学生1000円
4歳以上500円
です
名古屋港水族館付近にある3つのスポット
「名古屋海洋博物館(紹介記事へ)」
「名古屋港ポートビル展望台(紹介記事へ)」
「南極観測船ふじ(紹介記事へ)」とのセットチケット
4施設共通券
高校生以上2400円、小・中学生1200円

同水族館の受付窓口で購入できます

同水族館には、2つのテーマ館
「北館」&「南館」があります

北館のテーマは「35億年はるかなる旅
~ふたたび海にもどった動物たち~」

南館のテーマは「南極への旅」
テーマに沿って生物や水域を分類しているそうです

そんな名古屋港水族館の
2つのテーマ館における
飼育種類数は約500種類
飼育点数は約50000点

飼育生物データーだけでも素晴らしいわけですが
名水2018-3
長さ60m、幅30m、最大水深12m
水量13400トンという世界最大級の
ショープール(メインプール)に
3000人を収容できるスタンドを保有

名水2018-4
(上画像は、拡大表示可能です)
日本最大の延床面積を誇る
国内有数の水族館
だったりします

ここまで読んでもらえれば
名古屋港水族館のスケールの大きさを
理解していただけたと考えます
ここから、さらに
どんなスゴい目玉生物が飼育されているのか?は
今回記事や次回以降に
お送りする回顧録を読み知ってもらうとして…
名古屋港水族館の施設概要は以上です

今回記事の副題は
「施設概要・北館編」です
ここからは同水族館の北館を紹介します
名水2018-5
(上画像は、拡大表示可能です)
名古屋港水族館の北館2階マップです

今回記事のトップ画像は、同水族館の入口です
そこから入館すると同水族館の北館2階となります
名水2018-6
上画像は、名古屋港水族館の北館2階へ
入館して直ぐの場所です
いきなり出会う生物こそが
同水族館の最大の目玉生物
です
名水2018-7
海の王者シャチが飼育されています
名水2018-8
しかも1頭じゃなくて、3頭居ます

2018年6月時点、日本国内で
シャチを飼育しているのは

千葉県鴨川市にある
「鴨川シーワールド(紹介記事へ)」
名古屋港水族館の2スポットだけです
ティコ小説
ここから書くのは余談となります

のりゅは、少年時代(20数年前)
シャチと共に7つの海を
冒険するテレビアニメ&小説

「七つの海のティコ(アニメ紹介サイトへ)」

ハマりにハマった過去があります
痛んじゃってますけれど小説+ファンブックは
いまだに所有しているくらい愛している作品です
ティコアイコン
(画像素材サイトから頂きました)
七つの海のティコの主人公にしてヒロイン
「ナナミ・シンプソン(上画像左)」ちゃん
多くのゲームやアニメ、漫画を
体験した自分の人生における
※3大ヒロインの1人
です
(※ちなみに、残る2大ヒロインは
「風の谷のナウシカ(金曜ロードショーサイトへ)」
主人公にしてヒロイン「ナウシカ」
「銀盤カレイドスコープ(公式アニメHPへ)」
主人公にしてヒロイン「桜野タズサ」です)

今から10年ほど前、我が花嫁の妊娠中
夫婦2人で生まれてくる女の子(長女)の
名前を考えていました
のりゅが推した長女の名前の筆頭候補は
「七海(ななみ)」だったわけであります

しかし、残念ながら我が花嫁にお気に召してもらえず
七海(ななみ)は却下されてしまいましたのです…(哀)
以上が、余談でございました~☆
名水2018-9
シャチを観覧できる水槽の隣で飼育されているのは
イルカ(バンドウイルカ)です
名水2018-10
2018年2月に名古屋港水族館へ来館した際
2017年9月23日誕生の
赤ちゃんイルカ「ハッピー」を観覧できました
さらに同水族館では、2018年5月31日より
人工授精により誕生した赤ちゃんイルカ
一般公開が始まったとのことです
人工授精で誕生し生存中のバンドウイルカの赤ちゃんは
今のところ、同水族館でしか見られないとのことです
水族館で誕生した赤ちゃんイルカの1歳までの生存率は
かなり低く、50%程度だそうです
ハッピーともども新しく誕生した赤ちゃんイルカには
長生きしてほしいと思いました
名水2018-11
(上画像は、拡大表示可能です)
順路を進むと観覧できるのは
「海のカナリア」と呼ばれる
ベルーガ(シロイルカ)です

先に紹介したシャチほどではないにしても
ベルーガを飼育している国内の水族館は
それほど多くありません

千葉県鴨川市にある「鴨川シーワールド(紹介記事へ)」
神奈川県横浜市にある
「横浜・八景島シーパラダイス(紹介記事へ)」
島根県浜田市にある
「島根県立しまね海洋館アクアス(公式HPへ)」
そして、名古屋港水族館の
4スポットが、ベルーガを飼育している
国内の水族館
です

お義父様&お義母様は、70年ほど生きた人生の中で
映像ではないベルーガを見たのは
この時が初めてだったそうです
名水2018-12
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
次女「私ね、※ベルーガのオデコ
触ったことあるよ」

(※クリックにて、次女のベルーガデコ触り回顧録①へ)
(※クリックにて、次女のベルーガデコ触り回顧録②へ)

ベルーガを観覧していた時
次女は、お義父様&お義母様相手に
自身の経験を得意気に語っていました

名水2018-13
(上画像は、別スポットで撮影した写真です)
(上画像は、拡大表示可能です)
「僕ね、※ベルーガと水遊びして
※さらに、チューしてもらったことあるよ」

(↑次女の自慢を聞いた時
対抗しようとした38歳男性の脳裏に浮かんだ言葉)
(※クリックにて、38歳男性の体験回顧録へ)

ベルーガを観覧していた時
のりゅは、娘(次女)に対抗して
お義父様&お義母様相手に
自身の経験を得意気に語りたくなりました

しかし「ココはポイントを稼ぐべきだろう…」と判断
よって、のりゅは
「少し前、ベルーガを触ることができる水族館へ
連れて行ってあげたことがあるんですよ~」と
お義父様&お義母様相手に補足説明をしました
名水2018-14
ベルーガの観覧を終えたのち、シャチスタジオにて
おでかけメンバー全員で記念撮影しました
※施設スタッフの方が最初に写真撮影
(※購入する場合は有料です)
続いて、客側のカメラで写真撮影してくれます
名水2018-15
(上画像は、拡大表示可能です)
シャチスタジオより順路を先に進むと
名古屋港水族館の北館テーマの
標本・資料の展示が数多く設置されています
キッズコーナー(上画像下右)もありました
名水2018-16-1
上画像は、名古屋港水族館のショープールの
水中観覧席で使用されている
アクリルガラスの厚さを知ることができる展示
です

マイハニーは「厚いわね~」と言いながら
アクリルガラスの模型を触りました

続いて触った次女に、マイハニーは
「熱くないじゃん!ママのウソツキ!」と
ツッコミを入れられてました

名水2018-17
上画像は、名古屋港水族館のショープールの
水中観覧席
です
名水2018-18
イルカショー以外の時間帯も
世界最大級のショープール内を気ままに泳ぐ
イルカ(上画像は、カマイルカ)を観覧できました
名水2018-19
ショープールを観覧したのち
シャチスタジオ奥を抜けた場所
名古屋港水族館の屋外エリアの「しおかぜ広場」
新設された「ごまちゃんデッキ」へ行きました
名水2018-19-1
ごまちゃんデッキの売りは
飼育生物との距離が、でら近っ!なこと
みたいです
名水2018-20
(上画像は、拡大表示可能です)
そんな、ごまちゃんデッキでは、ゴマフアザラシ
ケープペンギンが飼育されています

ゴマフアザラシは、以前
名古屋港水族館の北館へ入館して直ぐの場所にある
水槽の1つで飼育されていました
つまり、シャチやイルカの直ぐ側で
展示されていました


上記の弊害から、ゴマフアザラシは
のりゅのような熱心に展示を観覧
記憶力に優れた来館者ならともかく

我が花嫁のような
適当に展示を観覧
記憶力が残念の来館者
の場合
※「アザラシって、名古屋港水族館に
前から居たかしら…?」と
忘れられてしまう存在
でした

(※ゴマちゃんデッキでの実話です)

ゴマちゃんデッキの新設により
ゴマフアザラシは、来館者から注目され
記憶に残る存在になったと思いました
名水2018-21
ゴマちゃんデッキを観覧したのち
名古屋港水族館の北館3階へ移動しました
上画像は、北館3階へ続くエスカレーターの上に
吊るされている標本です
名水2018-22
(上画像は、拡大表示可能です)
名古屋港水族館の北館3階マップです

名古屋港水族館の北館3階は
シャチ、イルカ、ベルーガの飼育プールと
ショープールを上から観覧することができます
名水2018-23
まぁ~とはいえ、シャチ、イルカ、ベルーガは
水中を潜っていることが多い生物ですね
イベントが開催されていない時間帯に
名古屋港水族館の北館3館に移動
各生物プール水面付近を眺めても
あまり楽しめないと思いますけれど…
名水2018-24
(上画像は、拡大表示可能です)
イベント開催時間になれば
名古屋港水族館の北館3階の
ショープール、各生物プール付近にて

シャチ、イルカ、ベルーガの
公開トレーニング&ショー

観覧することができます


シャチ、イルカ、ベルーガ、ゴマフアザラシの
公開トレーニング、ショー、イベントの詳細な紹介は
次回の回顧録にて、お送りいたします

といったところで、今回の回顧録終了です

名古屋港水族館
次回の「イルカショー・北館イベント編」続きます☆
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.