FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
南知多ビーチランド ふれあい、エサやり体験編
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません

回顧録第80弾は、愛知県知多郡美浜町にある
「南知多ビーチランド」での「エサやり・ふれあい体験編」となります
esayarihureai1.jpg
上の写真は、TAKA君が、ウミガメ相手に
与えてみようとしたエサ(有料)を
「ちょーだい♡」と娘どもが、横取り
結局本人は、娘どものエサやりを
見守っていただけ
という一幕です
(TAKA君、マー君といったおでかけメンバーの詳細はこちらをクリック)

南知多ビーチランドは、イルカや海獣を至近距離で見れることは
前回記事(クリックで飛びます)を見てもらえればわかると思います
「見る」だけでなく「ふれあう」ことに力を入れている
「ふれあい日本一」を自称する南知多ビーチランドは
「ふれあいカーニバル」というイベントの時間が決まっていて
その時間は、無料でイルカや海獣に実際に触ってみたり
エサやり体験することができます
(有料のイベントもあり)
しかし「ふれあう」となると問題となるのは
うちの長女の特性「動物の臭いと大型の動物が苦手」ですね
(長女の華麗なるダメダメ加減は、アニアニまある(紹介記事へ)
一番わかりやすいかな?)
南知多ビーチランドの園内は、全然臭くなかったので「動物の臭い」に
関しては問題ありませんでしたが、実際触ってみるとなると
嫌がるかもしれないと考えてました



まぁ、それならそれで
嫌がる長女を見たり
いじったりして楽しもう

などと考えてはいませんでしたが

「ふれあいカーニバル」のイベント時間になり
今までにも何回か遊び
南知多ビーチランド行の道中、TAKA君が
後部座席でずっと娘たちの相手をしていたこともあり
娘たちは、彼にメロメロになってしまい
「TAKA君一緒に行こ♡」との展開に…



モテる男は、やっぱり違いますね
この状況を邪魔するほど、のりゅは、ヤボじゃありません
(彼が、娘どもの相手をしてくれるならラクチンだし)
マー君と遠巻きに「ふれあいカーニバル」の様子を撮影したり
1人でイベントに参加してました

南知多ビーチランド(公式HPへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 136.5キロ(片道)

高速料金(武豊ICで降車) 3450円(2015年2月時点)

到着目安 2時間

駐車場 200台 乗用車 500円
    近隣に民間駐車場あり200円でした

所在地 愛知県知多郡美浜町奥田428-1

電話 0569-87-2000

営業時間 3~10月 9:30~17:00
       11月   9:30~16:30
       12月~2月 10:00~16:00 土・日・祝日 10:00~16:30

定休日 12月~2月の毎週水曜日(冬休み期間を除く)
      2015年のメンテナンス休は終了

入園料 おとな(高校生以上) 1700円
      こども(三歳以上)  800円
※南知多おもちゃ王国も一回の入園料で入れます

その他 
「ふれあいカーニバル」の開催時間は、公式HPで確認されることを推奨

セット訪問候補
南知多おもちゃ王国(紹介記事へ) すぐ隣


esayarihureai2.jpg
「ふれあいカーニバル アシカにタッチ」

アシカは、全然大丈夫のようでした
つまらんなぁどと思う気持ちは、一片もなく
成長したのか?と首をかしげてしまう状況でした

2014年、8月のおでかけ掛川花鳥園(紹介記事へ)
鳥を腕に乗せて、ご機嫌に楽しんでいたのですが
同じ月のおでかけ竹島水族館(紹介記事へ)では
タッチプールで、小型のサメを触るのを超嫌がり
2014年10月のおでかけIPCわんわん動物園(紹介記事)では
散歩している大型の犬が、怖くて逃走してましたね



大丈夫とダメの基準が、よくわかりません
esayarihureai3.jpg
「ふれあいカーニバル アザラシにタッチ」

列をみださないようにTAKA君が、娘たちを支えています
後ろの男の子から娘が、押されないように
包み込んで守っているようにも見えますね~
モテる男のさりげない気遣いが、わかる一幕ですね
esayarihureai4.jpg
「ふれあいカーニバル イルカにタッチ」

次女は、余裕で触りにいってました
遠巻きに眺めていただけなので、あくまで印象の話ですが
長女は、イルカを触ることに、ややとまどっているようでした
esayarihureai5.jpg
それでも付き添いのTAKA君やスタッフのおねーさんに
促されておそるおそる触っていました
イルカは、ギリギリOKのようですね
esayarihureai6.jpg
「ふれあいカーニバル ペンギンにエサをあげよう」

ペンギンは、ふれあいではなくエサやり体験でした
エサをもらえるとなって、大量のペンギンが寄ってきました
esayarihureai15.jpg

TAKA君に抱っこ要求をして、ちょうどいい高さからエサやりをする長女
そういえばTAKA君、南知多の帰り
岩ヶ池公園のイルミネーション(紹介記事へ)の時も
次女の抱っこ係でしたね~
この園内でも、次女が「疲れたから抱っこ」とTAKA君に要求して
要所、要所で抱っこしてもらってます
短時間で、女性にボディタッチまで許してしまう
彼のエスコート技術が恐ろしいですな
esayarihureai8.jpg
esayarihureai9.jpg
写真撮影してばかりだと皆様に
こどもを優しく見守る「理想的なお父さん」
思われてしまうので
「自分もしっかりふれあい体験してますよ」とPRしておきますね

「ふれあいカーニバル」イベントは、以上となりますが
有料のイベント「コツメカワウソと握手」に参加
「イルカのエサやり」もあったのですが、小学生未満は
付き添いが必要で、付き添いの大人の料金も発生するとのことなので
諦めてもらいました
esayarihureai10.jpg
「コツメカワウソと握手」

開催日  9月6日~3月1日の土日祝、冬休み期間(12月23日~1月6日)
開始時間 10:30~(約15分間)
参加料  200円/人(入園料別)
定員   各日10名
受付   当日正面ゲート奥の特設チケット販売所にて先着順販売

コツメカワウソと握手イベントに参加
写真のように手をだしてエサを受け取ってきます
しかし、握手体験前、このカワウソ…
esayarihureai11.jpg
握手する前足にう○こを
塗りたくってました

(カワウソの前あたりの地面が、黄色くなってますよね)
esayarihureai12.jpg
衝撃の場面を目撃、写真撮影したのは、のりゅだけで
参加する面々は、わくわくした様子で並んでました



楽しい状況に水を差すほど
のりゅは、ヤボじゃありませんよ♪

esayarihureai13.jpg
握手を終えた後、事実を突き付け
涙目で取り乱す長女の
手洗いに付き合ってやろう

なんて考えてませんでしたからね☆

といったあたりで今回の回顧録終了です

次回は「南知多ビーチランド アシカ・イルカショー編」となります
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.