FC2ブログ
こどもとおでかけ回顧録 
こどもと一緒に遊んだ記録です
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
のとじま臨海公園へおでかけ
「こどもとおでかけ回顧録」の過去の記事を探す際は
「回顧録訪問地別目次(クリックにて飛びます)」が便利です
良かったら、過去のおでかけ記事も読んでくださいませ
また当ブログでは、充実していない地域の遊び場をお探しの方
自然景勝地、パワースポット等のジャンルお探しの方
旅館やホテルの内容を重視して旅行を検討されたい方
釣りやゴルフ、そういった観点からおでかけを検討されたい方
「ブログ仲間(クリックにて、紹介記事へ)」
皆様の力になってくれるかもしれません
のとじま公園0
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に写っている海は日本海であり
上画像に写っている橋は、能登半島
能登島を結ぶ橋「能登島大橋」
です

☆祝☆新都道府県カテゴリ
「石川県で遊ぶ」誕生!!


2018年7月下旬、のりゅは石川県旅行をしました
旅行初日の深夜2時頃に自宅を出発
最初の目的地まで
マイカーを走らせた時間は、約5時間半!
マイカーを走らせた距離は、約380km!

娘達が生まれてからの旅行で
※マイカーを走らせた時間・距離共に
のりゅの最長記録を更新
しちゃいました~☆
(※自宅→目的地、目的地→目的地、目的地→自宅
上記3パターンのマイカー移動の記録)

いやぁ~さすがに疲れましたね~

それで最初に到着したスポットなんですが
石川県七尾市にある今回記事の舞台
のとじま公園1
「のとじま臨海公園」でした~♪



念のため、もう1度
静岡県浜松市→石川県の旅行にて
最初に到着したスポット名
を書きますね
のとじま臨海公園でした~♪



「遠出して目的地が公園…
このブログの管理人は
どうしようもないアホだな」
とか思った方




いらっしゃいましたら
ソレは…




※早合点ですよ~♪♪
(早合点→まだよく理解してないのに
わかったと思い込むこと)
のとじま公園2
旅行にて最初に到着したスポットは
のとじま臨海公園ですが
旅行最初の目的地は同公園内にある
飼育種類数約500種類
飼育点数40000点の大型水族館

「のとじま水族館」だったので~す☆


早合点された方、いらっしゃいましたら
のりゅの狙い通りなことを
思っちゃいましたね~☆ぷぷぷ~♪

…というわけで、回顧録第810弾は
石川県七尾市にある「のとじま臨海公園」です


のとじま臨海公園
(のとじま水族館HP内紹介ページへ)

訪問先基本情報

浜松浜北IC付近からの距離 380キロ(片道)

到着目安 5時間30分

高速料金 7620円(小矢部東本線料金所降車の場合)
※2018年8月時点

駐車場 1200台 無料

所在地 〒926-0216
石川県七尾市能登島曲町15部40

電話 0767-84-1271
※のとじま水族館の電話番号

定休日 年末(12/29~12/31)
※有料施設の定休日

入園料 無料
※のとじま臨海公園の入園料は無料
のとじま水族館等の施設は別途有料

備考 各有料施設の情報は、回顧録本文を参照

セット訪問候補
のとじま水族館(紹介記事へ) 内包施設


のとじま公園3
(上画像は、拡大表示可能です)
のとじま臨海公園マップです

駐車料金・入園料金無料
のとじま臨海公園の中核施設は、のとじま水族館です
のとじま水族館については
次回の回顧録にて、お送りいたしますので
上画像赤枠部分の施設(場所)
水族館以外の同公園内における
遊べる内容を紹介
します
のとじま公園4
(上画像は、拡大表示可能です)
海づりセンター
利用条件 12歳未満の入場は保護者の同伴が必要
営業時間 3月20日~11月30日 9:00~17:00
12月1日~ 3月19日 9:00~16:30
入場料 高校生以上510円、小中学生300円
のとじま水族館入場者の割引入場料
高校生以上410円、小中学生200円


海上桟橋上で海釣りを楽しめる施設とのことです
のとじま公園5
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像に載っている割引セット券もあり
手ぶらで来て気軽に釣りを楽しめるそうですよ
釣れる魚等のもっと詳細な情報を知りたい方は
こちら(クリックにて飛びます)を閲覧してくださいませ
のとじま公園6
上画像は、のとじま臨海公園
「レクリエーション広場」に設置されている
ザイルクライミングです
のとじま公園7
上画像も、のとじま臨海公園
レクリエーション広場に設置されている
船型複合遊具です

2018年8月2日現在
ザイルクライミング&船型複合遊具が
設置されている辺りは進入禁止
となってます
イノシシに地面を荒らされてしまい
利用者が転倒、負傷しないための措置だそうで
今のところ2つの遊具が
利用できるようになる予定は未定
だそうです
のとじま公園8
ザイルクライミング&船型複合遊具付近には
遊園地のアトラクション的乗物
ウォーターコースター、サイクルモノレールがありました
しかし、両乗物は
10年近く休業中のアトラクション
とのことです
まぁ~たぶん再開されることはないのでしょうね~
のとじま公園9
(上画像は、拡大表示可能です)
のりゅ達が、のとじま臨海公園へ来園した時
唯一営業していた
遊園地のアトラクション的乗物は
ゴーカート
だけでした

ゴーカート
利用料金 1台510円


ゴーカートコースの距離は453mとのことです

2018年8月2日現在
のとじま臨海公園の常設で遊べる内容は
海づりセンター、ゴーカートだけです
のとじま公園10
ですが、期間限定の遊べる内容ならば
イルカとのふれあいビーチがございます

イルカとのふれあいビーチ
利用条件 小学生以上
身長130cm未満の小学生は保護者の同伴が必要
営業期間 ※2018年7月15日~8月31日
(※次回以降の開催も同時期になると思われます)
営業時間 平日 ①11:00~ ②13:30~ 315:30~
土日祝日・旧盆 ①9:30~ ②11:00~ 
③13:30~ ④15:30~
※開始の15分前で受付終了
定員 各回30名
※確実に参加したい方は事前予約を推奨します
1度に予約できるのは、5名まで
0767-84-1271 ←が予約受付の電話番号です
電話予約のみ対応とのことです
利用料金 高校生以上2050円、小中学生1020円
備考 小中学生は水着の持参を推奨
雨天、イルカの体調により中止となる場合あり

のとじま公園12
イルカとのふれあいビーチは
自然の海に入り
イルカとふれ合うことができる
のとじま臨海公園夏限定のイベント
です
のとじま公園12-1
(上画像は、別スポットで撮影したモノです)
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、のりゅや娘達が過去体験した
※バンドウイルカとのふれ合いです
(※クリックにて、上画像上左のふれ合い回顧録へ)
(※クリックにて、上画像上右のふれ合い回顧録へ)
(※クリックにて、上画像下左のふれ合い回顧録へ)
(※クリックにて、上画像下右のふれ合い回顧録へ)
名水北イベント24
(上画像は、別スポットで撮影したモノです)
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、のりゅや娘達が過去体験した
ベルーガとのふれ合いです
※①ベルーガのデコを触る
※②ベルーガと水遊びをする
※③ベルーガにチューしてもらう等の
ふれ合いを経験しました

(※クリックにて、①体験の参照記事へ)
(※クリックにて、①&②&③体験の参照記事へ)
のとじま公園13
イルカとのふれあいビーチにて
ふれ合えるイルカは、
カマイルカでした

前述したとおり、のりゅや娘達は
バンドウイルカ、ベルーガと
ふれ合った経験の持ち主です
しかし、カマイルカは見たことはあっても
ふれ合ったことのない種類のイルカ
でした
当初は、イルカとのふれあいビーチを
見学・写真撮影するだけで
利用するつもりはなかったのですが
現地で、ふれ合えるイルカの種類が
カマイルカなのだと知りまして
のりゅは考えを改めた
のでした

のとじま公園14
現地にて急遽利用することを
決めたわけですが
上画像で、のりゅが身にまとっている
防水装備を借りることができました

防水装備のレンタル料は
利用料金にコミコミ
でした
※足のサイズが24cm以上ならば
準備ゼロで参加しても
濡れる心配はありませんよ~

(※防水装備の利用条件)
のとじま公園15
のりゅと一緒に参加した長女は
防水装備の利用条件を満たしていなかったため
普段着の上にライフジャケットを羽織らせました
防水装備を利用できない
足のサイズ24cm未満の方が
イルカとのふれあいビーチを
利用される場合は
水着を持参することを推奨
します
この時の長女のように
ぐしょ濡れになっても良いのなら
普段着でも利用できます
が…

上画像赤枠部分は
長女が考え実施した
濡れないための工夫
です

「たぶん無意味だろうな(笑)」

ブログ管理人は、我が子が考えた工夫を
心中にて嘲笑
しました

ちなみのお話ですが、この時の旅行には
次女も参加していました

イルカとのふれあいビーチを利用することを決めた時

「くらげに刺されたり
気持ち悪い海の生物を
踏んじゃうかもしれないけど
イルカさんと遊びたいかい?」


のりゅは、上記の言葉にて
次女の意思を尋ねました
すると次女は、イルカとのふれあいビーチの利用を
激しく嫌がりましたので
のりゅ&長女とは別行動していたのでした

おこづかい1020円減るのを防げたぜ♪
狙い通り☆


イルカとのふれあいビーチにて
ふれ合えた内容を紹介
します
のとじま公園16
カマイルカの体をベタベタ触ることができました
のとじま公園17
カマイルカはお腹を見せてくれまして
こちらもベタベタ触ることができました

のりゅ達のふれ合った
カマイルカは女性(メス)
でした
おっぱい、女性器な部分を
スタッフの方から解説されまして
のりゅは、マジマジ観察しちゃった
のでした

「ほほぉ~♡」と高揚する気持ちは
正直なところゼロではありませんでした
マイハニー以外の女性(メス)に
ヨコシマな気持ちを抱いたということは
浮気になるんでしょうかね~?

のとじま公園18
(上画像は、拡大表示可能です)
上画像は、長女がフープを投げ
カマイルカが拾ってきてくれた場面です
長女の投げたフープの行方は
上画像赤枠部分です


「近っ!もっと飛ばせよ!」
(↑長女の隣に居た39歳男性心中のツッコミ)

のりゅは長女と違い、フープを遠くまで飛ばして
カマイルカに拾ってきてもらいました
その場面を画像掲載したいところなのですが
写真がないのです
のとじま公園19
上画像は、カマイルカと記念撮影した場面です

のりゅと長女が、カマイルカとふれ合っている場面は
スタッフの方が写真撮影してくれました
イルカとのふれあいビーチは
カメラを渡して、スタッフの方が
写真撮影してくれるサービス付
でした

イルカとのふれあいビーチにて
カマイルカとふれ合えた内容は以上です
のとじま公園20
のりゅの予想した通り
長女が考え実施した工夫は
無意味でした(嘲笑)

のとじま公園21
長女のぐちょ濡れ衣装を入れる袋を頂けました
アフターサービスがバッチリでしたね~
のとじま公園22
ちなみのお話ですが
イルカとのふれあいビーチは見学無料です
よって、のとじま臨海公園は
7月15日~8月31日の間は無料で
カマイルカを観覧できるスポット
です
のとじま公園24
イルカとのふれあいビーチが終了しても
9月1日~7月14日間は
のとじま臨海公園が内包する施設
のとじま水族館のイベント

イルカとのふれあいプールにて
イルカとふれ合うことが可能
です

イルカとのふれあいプール
利用条件 特になし
開催期間 9月1日~7月14日
開催時間 10:40/11:50/13:40/15:10
開催場所 「イルカトレーニングセンター」
定員 各回20名
利用料金 高校生以上510円、※中学生以下300円
※3歳未満を除く
参加方法 当日、のとじま水族館の券売所で申込み


といったところで、今回の回顧録終了です

のとじま臨海公園
興味を惹かれましたら来園してみてね☆
次回の回顧録は、のとじま水族館
「施設概要・展示観覧編」となります
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.